急性アルコール中毒キュウセイアルコールチュウドク

急性アルコール中毒はどんな病気?
急性アルコール中毒は、短時間に大量のアルコール飲料を接種し、体内のアルコール濃度が急激に高まって、意識レベルの低下、嘔吐、血圧低下、呼吸数低下などを引き起こします。一般的に、血中アルコール濃度が0.4%を超えると昏睡状態に陥り、適切な処置が無い場合は死に至る可能性が高まるとされています。中毒者は20代の若者が多く、いわゆる『一気飲み』が原因となることが多いです。


急性アルコール中毒の症状
急性アルコール中毒というのは、アルコールを多量に摂取したことで起きる中毒症状のことです。中毒性は血液中のアルコール濃度によって左右され、当然濃度が濃いほど、中毒性は高くなります。また例外的なケースとして、血管から直接アルコールを注入しても、同じ中毒が生まれます。発症している側は、冷静な判断力を失いやすく、依存性のある病と言われることもあります。

急性アルコール中毒の原因
なぜ急性アルコール中毒になるかというとアセトアルデヒド変換酵素のはたらきが比較的弱い、あるいはほとんどはたらかない人が大勢います。それらの人達はたいていお酒に弱いことを自覚しており、通常飲むのを控えていますが、そういった人達に無理矢理一気飲みなどをさせたことや、小児がアルコールを少量飲んだこと、あるいは幼児がエタノールを含んだ化粧水を飲んだことなどが原因です。

急性アルコール中毒の検査と診断
急性アルコール中毒は、肝臓がアルコールを解毒する前に大量のアルコールを飲んで起こります。まず、かなり飲むと酩酊します。更に飲み続けると、今度は昏睡状態になります。ここが、検査方法です。呼びかけても返事がない、叩いても反応がないなどの場合は、疑いがありますので、救急車を呼んで早めに対処しましょう。また、ベルトをはずすなど全身を楽にさせることも大切です。

急性アルコール中毒の治療方法
体をゆっくりと休ませる事が急性アルコール中毒の一番の治療法です。軽症の時は、横になって安静にしていると次第に体調が元通りになります。横になっていても体調が戻らない時は、指を口の奥に入れて嘔吐をしてアルコールを吐き出すと気分を楽にすることができます。毛布や布団で体温を維持すると回復を早める事が出来ます。睡眠を長めにとると完全に治すことができます。

急性アルコール中毒の初診に適した診療科目

急性アルコール中毒に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ