小児糖尿病ショウニトウニョウビョウ

小児糖尿病はどんな病気?
小児糖尿病とは、小児期に発症した糖尿病のことです。インスリンが不足している場合の1型糖尿病とインスリンの働きが悪い場合の2型糖尿病の2種類に分けられますが、主に1型糖尿病が小児期に発病します。しかし、中高年に多いタイプである2型糖尿病が近年では子どもにも多くみられるようになりました。過食や肥満、運動不足やストレスなどの生活習慣の乱れが原因としてあげられます。


小児糖尿病の症状
小児糖尿病は、一型糖尿病といわれているもので遺伝的に膵臓からインスリンが出ない、若しくは出づらい症状のものなのです。多くの場合は、小児用の経口投与のインスリンかインスリン注射をしてインスリンを体内に入れなければいけないのでかなり子供にも肉体的に負担がかかるのです。原因が明確に分からないので完治させる治療法が無いのが実情なのです。

小児糖尿病の原因
小児糖尿病になる原因は、生活習慣病で発症する大人がなりやすい2型糖尿病と違う1型糖尿病がメインであり、突如発症するケースがほとんどです。膵臓のβ細胞が破壊される事によって、インスリンの分泌が通常と違って相当不足するのが最大理由となっています。それ以外にも、ウイルス感染等の理由が考えられていますが確定には至っていません。

小児糖尿病の検査と診断
小児糖尿病は、小児期に発症した糖尿病のことです。この検査方法は糖尿病の検査にはかかせない尿糖・血糖の検査のほかに、尿中ケトン体、胸部X線検査、血液生化学検査をします。急激な発症の場合には、血液ガス分析が必須となります。そして、血糖値が落ち着いてから内因性インスリンの分泌能を調べます。また、合併症が発症していないか眼底や尿中アルブミンの検査もします。

小児糖尿病の治療方法
小児糖尿病の治療法はインスリン製剤を利用して治療を行います。いくつかインスリン製剤にはタイプがあるので患者の症状に合ったインスリン製剤を利用して治療します。注射で治していくので医者と一緒に考えながら治療をしていくことになります。インスリン注射の効き方や食事のメニューや食事の時間等も大切になるので無理のない治療の方法を探します。

小児糖尿病の初診に適した診療科目

小児糖尿病の専門外来

関連部位から他の病名を探す

小児糖尿病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ