肛門ポリープコウモンポリープ

肛門ポリープはどんな病気?
肛門ポリープとは肛門管の上方にある肛門乳頭が何らかの原因によって肥大してしまう病気です。一般的には排便時の刺激によって起きるもので、慢性的な裂肛と共にできることが多いです。ただ、直腸ポリープとは異なって悪性化することはありません。小さいうちは無自覚ですが、大きくなり裂けた時には痛みと出血を伴います。通院によって切除するのが一般的な治療方法です。

肛門ポリープの症状
肛門ポリープの症状とは、まず肛門にポリープが出来ます。外に突出している場合は違和感を感じます。しかし中にポリープがある場合は痛みや違和感等はないのです。しかし排便をする時にポリープに便が擦れる事によりポリープが傷付いて出血をする事があります。肛門は出血しやすい場所なので、気付いたら便器が血液で真っ赤になっている場合もあります。

肛門ポリープの原因
肛門ポリープの原因は排便をしたあとに切れ痔となり慢性的になってくるとポリープとしてイボができることがあります。大腸のポリープとは異なりますから大腸ガンになる恐れはないですが肛門部分にしこりのようなものができるため日常生活で気になるときは切除していく方法があります。日帰りでの治療もできますから肛門に不快感があるなら治療をしておくと座ったときにも違和感なくなります。

肛門ポリープの検査と診断
肛門ポリープの検査方法として、内視鏡を使った大腸内視鏡検査があげられます。大腸内視鏡検査とは、内視鏡を肛門より挿入し、直腸から結腸・回腸にかけて診断する検査の方法です。大腸内視鏡検査の専門医の方が検査を行えば、苦しい思いを全くすることなく検査を終わらせることができます。異物感もなく、「少しくすぐったい」程度で終わります。

肛門ポリープの治療方法
肛門ポリープの治療法は、初期段階ならば軟膏や座薬などでしばらく治療を続けます。生活習慣病からくるものなので生活指導も行います。症状が悪化してしまった場合はジオン注射療法や硬化療法、または手術を行うことになります。手術には肛門拡張手術、用指拡張手術、内括約筋切開手術、皮膚弁移動手術などがあります。大きくなってしまったポリープは切除します。

肛門ポリープの初診に適した診療科目

肛門ポリープの専門外来

関連部位から他の病名を探す

肛門ポリープに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ