ゴルフ肘ゴルフヒジ

ゴルフ肘はどんな病気?
ゴルフ肘になる原因はいくつか考えられます。1つ目は、自己流のスイングを長時間続けることによって痛みが発生する場合と、2つ目は自分に合わない重量のクラブを使ってスイングをしている場合等があります。通常の暮らしではあまり痛みを伴わないのですが、なってしまった時はしばらくクラブを使わずに安静にして過ごし、再開する時は自己流のスイングは止めて自分に合ったクラブを選ぶようにしましょう。


ゴルフ肘の症状
ゴルフ肘の症状の特徴としては肘の内側を押さえた時に痛みがあり、手首を手のひら側へ動かした時にも痛みを生じます。平常時にはほとんど痛みを生じないのですが、悪化すると動きを加えた時に痛みが生じます。ゴルフクラブを握る動作などで痛みを感じることが多いようです。また、見た目の変化はありませんが、握力の低下を誘発すると言われています。

ゴルフ肘の原因
ゴルフ肘の原因は、手首や腕の筋肉の酷使による炎症によって引き起こされます。上腕骨内側上顆炎ともいい、ゴルフなどのスポーツで腕を過度に酷使することが、この病状を招く要因になります。運動で、重ねて継続的に筋肉に強い力が加わることによって、筋肉を傷めることになります。また、スポーツ以外にも仕事などによってもこうした筋肉の炎症を引き起こすこともあります。

ゴルフ肘の検査と診断
ゴルフ肘は正しくは上腕骨内側上顆炎といい、この部位に付着する筋群に痛みが出るのが症状です。ですからこの検査方法としては該当筋群をわざと痛みの出易い方位に働かせる事により痛みが出るか出ないかで判断されます。例えば掌を押さえこんだ状態で上腕部を回内させ、その際に痛みが生じれば陽性となります。同様の状態で手関節を屈曲させ、橈側手根筋群の痛みが発生すれば陽性となります。

ゴルフ肘の治療方法
ゴルフ肘の治療法とは、まず何よりも運動療法が重要で簡単な治療方法です。指を伸ばしながら手首を反らすようにして行うストレッチが最も効果的でといわれています。このストレッチにより手根屈筋が 引きのばされ、繰り返し強く曲げ伸ばししても内側上顆に強い牽 引力がかかりにくくなるとされています。ほかには、鎮痛剤内服、塗布、ステロイドの局所注射なども 治療効果があります。

ゴルフ肘の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

ゴルフ肘に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ