血管肉腫ケッカンニクシュ

血管肉腫はどんな病気?
血管肉腫とは、血管内皮細胞という細胞に由来する肉腫のことです。発症率は非常に低い病気であるものの、発症してしまうと、転移や再発が起こり易いという特徴があります。その理由としては、悪性の細胞が、血液などの流れにのって、発症した部位から別の部位に移ることができるためです。症状としては、しこりのような瘤ができ、場合によっては潰瘍や出血などを伴うものの、痛みを伴うことは少ないということが言えます。


血管肉腫の症状
血管肉腫は、短期間の間に急速に増大する瘤として症状が現れます。特に下肢に多く見られ、次いで上肢、胴体の順に発生しやすいといわれています。痛みはほとんどないと言われていますが、潰瘍や出血、循環障害などが認められます。また一部の症例で血液の凝固や貧血などの血液の機能の異常が認められます。病気が進行した場合、肺やリンパ節に転移することもあり、全身にさまざまな問題を引き起こすこともあります。

血管肉腫の原因
血管肉腫を引き起こしている患者さんのおよそ半数余りに、頭を強く打つなど何らかの怪我の棋王があることから、それらが原因となることが多いとされています。なお、皮膚の場合では頭部にのみ生じ、それらの大半が経過の途中で、合併症として、血行性転移に伴う血気腫などを高頻度に引き起こすことがありますが、初期の段階ではその他の臓器に発症することはほとんどありません。

血管肉腫の検査と診断
血管肉腫の検査方法は、特別なものはありませんが、現れている症状から判断します。この病気が疑われる症状がある場合は、皮膚生検を行いますが、悪性であった場合はこの生検によって、転移が誘発されると指摘されていると言われています。病気の状態を知るために、血中の第8因子関連抗原、トロンボモジュリン、VEGF、エンドセリンの値を参考にします。

血管肉腫の治療方法
血管肉腫の治療法には、肉腫ができてしまっている紫斑、赤斑から病巣を離して手術によって取り除くという方法が理想的とされています。しかしながら、顔の場合には眼、鼻、口などを巻き込んでしまうことが大半のために困難なことも多いです。実際には放射線療法と薬物療法による治療に頼るケースがほとんどです。ただし、隆起性の病変にはこれらの効果がないため切除手術を行います。

血管肉腫の初診に適した診療科目

血管肉腫の専門外来

血管肉腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ