発作性心房細動ホッサセイシンボウサイドウ

発作性心房細動はどんな病気?
発作性心房細動とは、その名の通り心房が細かく動くといったものです。原因は興奮伝導のばらつきによるもので、複数の興奮波が出ることによって起こります。主な症状としては、心室から送られる血液の体積が減ることにより、心臓の効率が悪くなり、心臓内の血液に淀みが起きることによって、血栓ができやすくなります。他には、めまいや動悸などといった症状もあります。


発作性心房細動の症状
発作性心房細動は不整脈の一種で、これが起きたからと言ってかならずしも命に関わるというわけではありません。人間の脈は安静時に1分間に60~70回の規則的な脈であると正常であると言えます。これに乱れが生じるだけでなく、速く脈を打ったり、遅く打ったり速さに異常をきたすのも不整脈です。そして前述の不整脈は、1分間に400回~600回脈打つという症状が一時的に現れるものです。

発作性心房細動の原因
発作性心房細動の原因としては、高血圧症、肺の病気、甲状腺機能亢進症、心筋症、虚血性心疾患などがあげられます。また、特に病気もないのに発病する場合は、肺静脈の期外収縮によるものが多いということです。ストレス、アルコールによる脱水症状、疲労、睡眠不足などによって、一過性の心房細動が誘発されることもあるので、注意が必要です。

発作性心房細動の検査と診断
発作性心房細動の可能性がある場合におこなわれていく検査方法は脈をとったり心音などを確認していくというものがあります。その検査より正確に行っていく場合には心電図をもちいての検査が必要になってきます。そのほかに行われる検査としては血液生化学検査や心エコー検査、胸部x線検査を行っていきます。心房細動の病型をとる為に24時間ホルター心電計をおこないます。

発作性心房細動の治療方法
発作性心房細動とは、辛抱の収縮が不規則な間隔で起きる不整脈の一種で、老人に多くみられる症状です。この病気の治療法は、薬物療法により、脈拍数のみを整える、洞調律にもどして維持をする、血栓症や塞栓症を予防する治療が施されます。根本治療としてはカテーテルアブレーション治療が一般的です。また、開胸による心臓手術により治療する場合もあります。

発作性心房細動の初診に適した診療科目

発作性心房細動の専門外来

発作性心房細動に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ