早朝覚醒ソウチョウカクセイ

早朝覚醒はどんな病気?
早朝覚醒とは、起きたい時間よりも早い時間に目が覚めてしまい、もう一度寝ようと思ってもなかなか寝付けない病気です。この病気には2つのケースがあります。それは老人性による場合と鬱病の症状の場合です。老人性の場合は加齢に伴って睡眠力が落ちる事が原因とされていて、鬱病の場合は頭の機能低下や血行障害が原因とされています。どちらの場合も治療法としては睡眠導入剤の服用が主流となっています。


早朝覚醒の症状
早朝覚醒の多くが年をとったことにより睡眠導入物質であるメラトニンが脳下垂体から分泌されなくなり、睡眠を持続することができなくなるためなのです。そのため慢性的に寝不足になる人もおり、そのような場合は医療機関でメラトニン物質が含有している睡眠導入剤を処方してもらう必要があります。早く起きてしまう症状が出ている人は医療機関を受診するのがいいはずです。

早朝覚醒の原因
早朝覚醒の原因としては、うつ病などによるストレスや精神的な不安から、この病気を発症してしまうことが多くみられます。そのため、うつ病の人ほど発症しやすい病気になります。また、うつ病になっていなくても、その一歩手前にいるような極度のストレスを溜め込んでいる場合にも発症します。またその他では、年齢による加齢で発症するような場合もあります。

早朝覚醒の検査と診断
早朝覚醒の検査方法は、非常に難しいものとなっています。一般的に外的な何か大きな病変が現れるというわけではありませんし、大きな精神的な障害がでるわけでもありません。ですので、医者にかかって経過をみながら、じっくりと傾向を見ていくことしかできないのです。だからこそ、病気としての疑いを持ったならば、早い段階で医者にかかることが重要となるわけです。

早朝覚醒の治療方法
早朝覚醒の治療法は、まずは精神的な要因の場合においては、その精神的な要因になっている原因を把握して、ストレスを溜めすぎないようにする必要があります。そのような治療の方法が出来ない場合においては、睡眠薬を服用することが必要となります。睡眠薬を服用するようにすることで、しっかりと改善できる場合がありますので、有効な治療の方法となっています。

早朝覚醒の初診に適した診療科目

早朝覚醒の専門外来

早朝覚醒に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ