ジヒドロテストステロン

ジヒドロテストステロンはどんな病気?
男性ホルモンのテストステロン(HT)は、95パーセントが精巣、5パーセントが副腎で作られる男性ホルモンの一種です。そしてジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロン(HT)の不足を補うため5αリダクターゼ酵素によりテストステロン(HT)が変換された男性ホルモンとなります。DHTはAGA男性ホルモン型脱毛症の原因となります。


ジヒドロテストステロンの症状
ジヒドロテストステロンもたらす症状は、毛髪の成長を妨げてしまい毛髪が十分に成長する前に脱落し、髪の毛が徐々に少なくなっていきます。通常2年から6年の周期のヘアサイクルが、数ヶ月から1年と大幅に短くなるのです。初めは太い毛が抜けていくのですが、次第に短い毛や細い毛も抜けていき、毛穴も閉じてしまいます。男女共にこの毛髪の減少は現れます。

ジヒドロテストステロンの原因
ジヒドロテストステロンとは、男性が脱毛してしまう最も大きな原因とされているものです。強力な脱毛作用がある男性ホルモンです。髪の成長を抑制してしまうので、世間一般でいわれているハゲになってしまうのです。この男性ホルモンは、精巣と副腎で作られています。テストステロンは、頭皮の汚れや肌荒れを起こす要因としてもしられています。

ジヒドロテストステロンの検査と診断
前立腺肥大や男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンの検査方法については、血液検査で血中の量がわかるほか、男性型脱毛症になりやすい体質かどうかを、正確に判定する遺伝子検査があります。これは、男性ホルモンの受容体の量を決定する遺伝子を検査し、感受性の高さを数値化してリスクを判定するというものです。信頼のおける病院やクリニックで検査をしてもらいましょう。

ジヒドロテストステロンの治療方法
ジヒドロテストステロンの治療法については、様々なものが挙げられます。例えば、アゼライン酸、ミノキシジル、フィナステリド、トレチノイン、カプサイシンなどです。これらが有効だといわれる理由も様々ですが、現在アメリカ食品医薬品局(FDA)によって認められたものは、ミノキシジルとフィナステリドの二つだけです。また研究者たちは、毛包の細胞を研究することが最先端の脱毛治療になると予測しています。

ジヒドロテストステロンの初診に適した診療科目

ジヒドロテストステロンの専門外来

関連部位から他の病名を探す

ジヒドロテストステロンに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ