子宮内膜増殖症シキュウナイマクゾウショクショウ

子宮内膜増殖症はどんな病気?
子宮内膜増殖症とは、子宮内膜が過度に増殖している状態をいうものです。原因は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が多くなっていることや感受性が強くなっていることが言われています。エコーで診断され、症状は過多月経や不正出血などがあり、ガン化することもあるため、治療は妊娠を希望する場合はピルなどのホルモン療法や子宮内掻爬を行い、今後の妊娠を希望しない場合は子宮摘出を行うこともあります。


子宮内膜増殖症の症状
子宮内膜増殖症になると、性器不正出血や月経量の増加、月経期間が長引くことなどがあります。出血量が多くなるため貧血や全身倦怠感、動機なども現れます。月経時の出血量は人と比べることが出来ないので判断が難しいですが、通常の月経と比較して量が多い、また出血にレバーの様な固まりがある等の時は、月経過多を疑います。一方、特に変わった症状が現れないこともあり、子宮体がん検診で発見されることも多くあります。

子宮内膜増殖症の原因
子宮内膜増殖症では子宮の内膜を増殖させるエストロゲンが過剰な状態になることが原因です。エストロゲンを過剰にする病気としては卵巣がんなどのエストロゲン産出性腫瘍があります。またホルモン製剤を使用する場合に黄体ホルモンを併用せずにエストロゲン製剤を使用する場合にも要因となります。また、日ごろから生理不順な人や肥満の人も危険因子となります。

子宮内膜増殖症の検査と診断
子宮内膜増殖症の検査方法は、比較的短時間で行うことができます。始めに、子宮内の細胞診である子宮がん検診を行います。ここで異常があれば、子宮内の細胞を取る子宮内膜掻爬術や、子宮の中を内視鏡で見る子宮鏡検査を行い、診断をします。また、超音波検査で子宮内が厚く見える場合は、子宮内膜異型増殖症や、子宮大がんの可能性があります。

子宮内膜増殖症の治療方法
子宮内膜増殖症は、子宮内膜が過剰に増殖し内膜の肥厚や内膜腺の形態異常を起こす疾患です。2種類の女性ホルモンのうち黄体ホルモンが分泌されない状況で、一定以上の卵胞ホルモンのみが子宮内膜へ長時間作用し続けますとなります。症状は不正出血です。子宮内膜の細胞診や生検により診断されます。治療法は若年者で排卵障害が原因の場合は排卵誘発療法、周期的黄体ホルモン療法です。

子宮内膜増殖症の初診に適した診療科目

子宮内膜増殖症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

子宮内膜増殖症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ