末期がんマッキガン

末期がんはどんな病気?
末期がんとは、がんと診断された患者のうち、医学療法で回復の見込みがないと認められた状態である方に判断されることです。がんの発見が遅かった場合や、進行具合が早く診断されることがあります。この状態にある方は、主に投薬治療や放射線治療で症状の進行を遅らせる、または延命のための治療を行います。またがんによる痛みや苦しみを緩和するための治療を行うこともあります。


末期がんの症状
末期がんの症状は、そのがんの種類や、がんが発生している場所、転移の有無などによって全く異なるといわれています。激しい痛みを伴うようなケースもあれば、それほどでもない場合もあります。呼吸器系の器官に生じたがんであれば、呼吸困難などが起こる場合がありますし、脳のがんであれば、幻聴や幻覚、精神障害などをきたす場合もあります。

末期がんの原因
末期がんを発症する原因には、様々なものがあります。まず先天的な問題です。血縁者にがん患者が居た場合は、がんになりやすく、進行が早い傾向にあります。また、喫煙や飲酒の習慣が長年にわたって続いている場合は、肝疾患などに隠れてがんが進行しており、病院の検査でも発覚しない場合もあります。先天性でないがんは、日頃の不摂生によって引き起こされます。

末期がんの検査と診断
末期がんの、検査方法は人間ドックなどで、わかります。なので、人間ドックを受けたら見つかったという例もあります。基本はレントゲンなどにより、検査をすることにより見つかりますが、末期になるまで気づかない人もたくさんいます。検査はとても簡単なのですぐにできるものや、1日かけてやるものまであります。検査をすることにより、末期の前に見つかることもあるので、人間ドックはオススメです。

末期がんの治療方法
末期がんはがん細胞が肥大化、もしくは転移により処置の施し様がない場合に診断されます。抗がん剤などを服用することで侵攻を遅らせることは可能ですが、治療は困難であるとされています。最近注目されている治療法として体への負担を最小限にできるワクチン治療で体内にできてしまったがん細胞を小さくできる可能性があることが期待されています。

末期がんの初診に適した診療科目

末期がんの専門外来

関連部位から他の病名を探す

末期がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ