レイノー現象レイノーゲンショウ

レイノー現象はどんな病気?
レイノー現象とは、手や足の指先にある小さな動脈の血流が悪くなることで発生し、冷感や皮膚の色が変化することです。基礎疾患が不明である場合、レイノー病と呼ばれ、40歳までの若い女性に多く見られる傾向があります。症状が上記であるだけの場合は、緊急に処置をしなければならないというわけではなく、病院で両手足を一定時間冷やしましょう。


レイノー現象の症状
レイノー現象と呼ばれる症状は寒冷刺激にさらされた時、あるいは精神的緊張で起こり、手足の指の血管が急に痙攣し血液が流れにくくなることで最初は白い蝋のような蒼白色に変わり、冷感、しびれ感を伴います。刺激が終わって10~15分程度で赤色または紫色(チアノーゼ様)に変色して正常に戻ることが多いようです。はじめは冬季だけですが、進行すると季節に関係なく起こるようになります。

レイノー現象の原因
レイノー現象の起こる原因。それは、冷水などに手をつけるなどの寒冷の刺激、もしくは、精神的なストレスによって手足の末端の小動脈が発作的なけいれんを起こすことにより起こるとされています。しかし、現時点でその小動脈におけるけいれんが起こるのかの理由はわかってはいません。一説には、交感神経中枢の異常によるものであるとも言われています。

レイノー現象の検査と診断
レイノー現象は、寒冷刺激にさらされると手指が白い蝋のような蒼白色に変わり、しびれを伴うなどの症状が現れますが、その症状を利用して、発作を誘発することで検査を行う方法があります。また、サーモグラフィーなどを用いて体温の変化を観察することで診断を行う検査方法も存在します。いずれにせよ、上記のような発作がみられる場合には、検査自体は比較的容易なことが多いです。

レイノー現象の治療方法
レイノー現象は膠原病になりうる危険性がありますので、それを予防するために様々な治療法によって改善を図っていきます。寒冷の回避、禁煙、ストレスが誘因の場合は、リラクゼーション法でカウンセリングや、軽い鎮静薬の投与、血管拡張剤などの薬物の投与によって改善を図っていきます。漢方薬を使用する場合もあります。重症の場合は交感神経の切除術を行っていきます。

レイノー現象の初診に適した診療科目

レイノー現象の専門外来

レイノー現象に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ