味覚障害ミカクショウガイ

味覚障害はどんな病気?
味覚障害とは、味覚に関する異常についての症状のことを言います。味覚を感じなくなる味覚消失や、味が薄く感じる味覚低下、何も食べていない時も口の中で味がする自発性異常味覚などが挙げられます。これらの症状の原因は、薬による副作用、食品添加物の摂取、突然起こるものなど様々な原因が挙げられます。亜鉛不足により起こることも多いです。他の病気と関連することがあるので、長引く場合は医師に相談しましょう。


味覚障害の症状
味覚障害とは、亜鉛が不足することが原因で起こる障害です。主な症状として、味覚消失(味を感じなくなる)、異味症(本当は甘いのに苦いと感じる)、自発性異常味覚(口の中に何もないのに苦みを感じる)、悪味症(何を食べてもいやな味だと感じる)などさまざまです。知らず知らずのうちに病状が悪化しているということもよくあると言われており、最近では10代~20代の若い世代にもこの病状を訴える人が増えてきています。

味覚障害の原因
味覚障害の原因についてです。味覚の障害には、血液中の亜鉛が不足することにより、味覚が麻痺をします。これは、偏った普段の食生活が、理由です。体内の亜鉛が不足することにより、味覚を関知できずに、味覚が鈍ります。なので、普段から規則正しい、食生活を心がけることにより、味覚の異常を防ぐことが可能です。また、薬や食品添加物により、味覚の異常がおこる場合もあります。

味覚障害の検査と診断
味覚障害とは味を感じることができなくなった状態のことです。その検査方法としてはしたの部分に電気味覚計といわれる微弱電流を流す機器で診断する方法と味覚の障害に原因しているといわれる亜鉛の血中濃度を調べる方法を取ることで調べることができるのです。血中の亜鉛が減少している場合であれば、亜鉛の薬剤を投与することで改善することが多いです。

味覚障害の治療方法
味覚障害の治療法は、治療薬の影響で発症した場合は、治療薬が必要な病気を治した後、一般的な生活を送ると治るケースがあります。ストレス、体力低下の影響の場合は、ストレスを発散させたり、カウンセリングなどを受けたほうが良い可能性があります。体力の方は、健康に気遣った食事、睡眠などで対応できる場合があります。亜鉛が足りていない場合もあるので、亜鉛を摂取して治るパターンもあります。

味覚障害の初診に適した診療科目

味覚障害の専門医

味覚障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ