血痰ケッタン

血痰はどんな病気?
血痰とは、咳をする時に血の混じった痰が出る病気です。人間の肺や気管支などの呼吸器官に何らかの病気が生じたときに出る病気です。代表的な病気は結核です。結核の菌が肺に炎症を引き起こし、肺の組織に障害を与えて、肺の組織から出血を伴う事によって、咳き込んだときに出る痰に血が混ざる病気です。結核でないにしろ、痰に血が混ざったら呼吸器科に診てもらう必要があります。


血痰の症状
血痰は気管、気管支の粘膜が傷ついたり、あるいは肺そのものの損傷によって吐き出した痰に血液が混ざる症状を指します。似たようなもので喀血とよばれるものもありますが、これらは吐き出された血液量によって区別されます。蓄膿症や鼻茸、歯槽膿漏などによって血が絡むこともありますので、これらの情報も重要です。血液を吐き出すこと自体では重大な疾病とは限りませんが、それにつながる場合もありますので注意が必要です。

血痰の原因
血痰の原因としては、主に上気道の炎症が挙げられます。気管、気管支、肺が損傷することで出血した血液が痰に絡んで出てきます。また、気管支拡張、気管支炎、副鼻腔炎、肺炎、肺結核、肺梗塞といった病気や、咳のし過ぎ、不規則な生活などにより症状をきたす場合もあります。口や鼻の内部や、喉が傷つくことにより出血した血液が、痰と絡んで出る場合もあります。

血痰の検査と診断
血痰の症状がある場合の検査方法とは、まず肺の異常を疑い肺の検査を行います。この検査は今ではレントゲン撮影を行う事で肺の画像を写し出す事が可能です。もし肺に何らかの異常があればレントゲンに映ります。肺に炎症が起きているのか、又は肺に穴が開いていないか、等を知ることが出来ます。もし癌の疑いがある場合は体に直接メスを入れる必要があります。

血痰の治療方法
血痰の治療法は、たんいに付着している血液がのどや肺の血液だった場合は内視鏡で肺とのどを調べて傷がないか確認し、傷が見つかると患部を刺激しないように食事療法を開始します。特にのどの傷は食事が接触しないように点滴で栄養を補給します。点滴療法を続けてのどの傷が治ってくると流動食に切り替えて少しずつ固形物も食べられるようにします。

血痰の初診に適した診療科目

血痰に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ