肝炎カンエン

肝炎はどんな病気?
アルコールの過剰摂取や長期間の飲酒を続けると、肝臓のアルコールの処理能力を超えてしまい肝炎を引き起こします。症状が出ると猛烈な痛みが起きます。痛みが起きる前には肌が黄色くなったり口が乾くなるなどの兆候がありますが、傷みは突然起きるのです。痛みが出たら病院へ行き薬を処方してもらいますが、特効薬はなく自然治癒を待つしかないのです。

肝炎の症状
肝炎とは、様々な原因によって肝機能が低下して肝細胞が破壊されていく病気です。症状としては、身体全体がむくんだり、さらにひどくなると黄疸、発熱、吐き気などを引き起こします。この病気をそのままにしておくと、肝硬変や肝臓がんというようなとても恐ろしい病気の引き金になる可能性があります。腎臓への影響も出て来ますので早期治療が大切です。

肝炎の原因
肝炎の原因はいくつかあります。アルコールやたばこなどがありますが、もっとも多いのはウィルスによるものです。ウィルス性はA型からE型まであります。しかなどの生肉を食べたり、井戸水を飲むだけで感染することもありますが、最も多いのはB型、C型の性感染、母子感染です。もともとウィルスを持った人と性行為をすることで感染したり、ウィルスを持った人が妊娠すると、その子供に感染することが最も多いです。

肝炎の検査と診断
肝炎(B型・C型)に感染している人のおよそ7割は自覚症状がほとんど有りません。不安な人は一度検査をしてもらうのが良いです。検査方法としては、血液検査で分かります。採取から、遅くても数週間後には検査結果が出ます。ただ、感染時期から3ヵ月が経過していないと、正しい検査結果が出ないので、注意が必要です。検査場所は病院はもちろん、保健所や各自治体の住民基本健診でも受けられます。

肝炎の治療方法
肝炎になった時に行う治療法と言うのは症状などに合わせて変わってきます。治療の方法の一つにインターフェロン治療があります。これは、免疫系に働きかけウイルスを抑制し攻撃する効果があります。強い副作用が出ることもあります。別の方法には、核酸アナログ製剤治療があります。これは、ウイルスの増殖を抑制してくれます。インターフェロンのような副作用はないが、長期間服用する必要があります。

肝炎の初診に適した診療科目

肝炎の専門外来

肝炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ