先端巨大症センタンキョダイショウ

先端巨大症はどんな病気?
先端巨大症とは成長ホルモンを産出している細胞が腫瘍化することにより成長ホルモンが過剰に分泌されることで起きる病気です。成長ホルモンが過剰分泌されることにより、手足やあごなどの顔の一部が肥大するのが特徴です。成長期中に発症すると著しく身長が伸び巨人症になったり、成長期より後の発症なら手足が肥大化する事が多いとされています。


先端巨大症の症状
先端巨大症にかかると、手足の肥大や鼻、舌、唇の肥大、下顎の突出などの顔貌の変化が見られます。ほかにも合併症として、高血圧、糖尿病にかかるなどの症状が出たり、筋肉質になったり声が低くなったりもします。手足が肥大すると、指は太くなり、手のひらや足の厚みが増し、指輪が入らなくなったり今まで入っていたシューズが入らなくなります。

先端巨大症の原因
先端巨大症の原因は、成長ホルモンの異常な分泌によるものです。成長期に成長ホルモンの分泌異常が起こると、骨や筋肉の成長に変化が起き体の先端が大きく肥大します。成長ホルモンの分泌を調整する脳下垂体に問題が起こることによって成長ホルモンのコントロールが効かず、成長ホルモンが必要以上に過剰に分泌されてしまう事が要因になります。

先端巨大症の検査と診断
先端巨大症の検査方法は、一般的な検査としては、高血糖や高リン血症、高中性脂肪血症などの検査を行います。成長ホルモンの過剰分泌の検査としては、ブドウ糖液を服用して、血液の中の成長ホルモンが抑制されないかの検査が行われます。画像検査としては、手や足、頭部などのX線写真を使って、軟部組織の肥厚の評価を行ったり、MRIにより下垂体の腫瘍を見つけます。

先端巨大症の治療方法
先端巨大症の治療法は第一に手術による治療ということになります。といっても、開頭による手術ではなく、鼻や口から器具を挿入することによって、原因となっている腫瘍部分を切除するという方法で行われます。この手術のためには2週間の入院が必要ですが、傷跡が残ることもなく、体への負担が少なくて済みます。手術で腫瘍が完全に取れなかった場合にはその後薬物治療が続けられます。

先端巨大症の初診に適した診療科目

先端巨大症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ