回転性めまいカイテンセイメマイ

回転性めまいはどんな病気?

回転性めまいはめまいの一種で、実際には止まった状態にあるにも関わらず、自分が動いているような感覚がします。
通常、自分自身か周囲のもの、またはその両方が回転している感覚が生じます。
横方向にぐるぐると回転した後にふらつく症状と似たような状態です。
回転性めまいとは診断名ではなく、ある症状を説明したものです。



回転性めまいの症状

回転性めまいがある場合、吐き気や嘔吐を伴ったり、バランスが取りにくく、歩くのが難しいことがあります。また気が遠くなるような感覚があったりします。
めまいという言葉の使い方は人によって異なることが多く、その症状や感覚は様々です。これはその感覚を言葉で説明するのが難しいためです。



回転性めまいの原因
回転性めまいは、脳の異常によって起こるものだと思っている方はいると思いますが、脳ではなく耳の半規管と呼ばれる部位に原因がある場合がほとんどです。
半規管にはリンパ液という液体が入っていますが、そのリンパ液の量がメニエール病などの別の病気が原因で増えたり、自律神経失調症のために炎症を起こしたりすることで、めまいが起こります。

回転性めまいの検査と診断

回転性めまいのほとんどは内耳の障害によって起こるので、MRIやCTの検査では耳が原因のめまいの病気を診断するのは困難です。これらの画像の検査はあくまで脳の病気がないかを見るために行われます。
めまいの診断をするためには、耳鼻科で平衡機能検査や聴力検査、ティンパノメトリー検査、眼振検査などを行い、その原因を特定していきます。



回転性めまいの治療方法

回転性めまいに治療は可能な限りめまいの原因を治療します。内耳の病気を原因とする回転性めまいは主に病気に合わせた薬を服用することで治療していきます。
また、回転性めまいが長時間持続する場合は、一部の患者では平衡感覚の障害への対処を助ける理学療法が効果的です。

日頃から軽い運動を心がけて太陽のもとで活動し生活のリズムを整えてやることで自律神経をいたわることも重要です。

回転性めまいの初診に適した診療科目

回転性めまいの専門外来


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ