回転性めまいカイテンセイメマイ

回転性めまいはどんな病気?
実際には止まった状態にあるにも関わらず、自分が回転しているかのような錯覚に陥ることは回転性めまいと呼ばれています。三半規管の異常などにより、体が回転していると脳から間違った情報が伝わる事が原因とされています。回転しているような感覚や吐き気、バランス感覚を失うと言った症状が見られます。横方向にぐるぐると回転した後にふらつく症状と似たような状態です。


回転性めまいの症状
メニエール氏病は突然おそってくる回転性めまいが特徴です。周りが自分中心にぐるぐる回っているように見えます。立っていられない状態で動くことができなくなります。また、激しい吐き気におそわれ嘔吐しますが、胃液しかでないまで続きます。前兆に音が聞きにくくなったり、耳鳴りの症状があり、蝉の鳴き声が聞こえるみたいでかなりうるさいです。

回転性めまいの原因
回転性めまいは、脳の異常によって起こるものだと思っている方はいると思いますが、脳ではなく耳の半規管と呼ばれる部位に原因がある場合がほとんどなのです。半規管にはリンパ液という液体が入っていますが、そのリンパ液の量がメニエール病などの別の病気を被ることで増えたり、自律神経失調症のために炎症を起こしたりすることで、めまいが起こります。

回転性めまいの検査と診断
回転性めまいの検査方法では、それが耳の異常に由来するものだからといって、聴力検査を用いたりすることは意味がありません。また、温度眼振検査というものもありますが、それも意味がありません。ではどうすれば良いかというと、患者の症状に着目することです。めまいが生じている頭のところで、眼振という現象が生じているはずです。そこを見るのです。

回転性めまいの治療方法
回転性めまいの治療法は運動を控えて安静にし、三半規管の炎症を抑える薬を塗って三半規管が正常な働きを取り戻せるようにします。三半規管が正常な動きを取り戻しても、目眩が続く場合は精神的ケアが必要になり、カウンセリングを行います。日頃から軽い運動を心がけて太陽のもとで活動し生活のリズムを整えてやることで自律神経をいたわります。

回転性めまいの初診に適した診療科目

回転性めまいに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ