うつ状態ウツジョウタイ

うつ状態はどんな病気?
うつ状態についてです。うつとは、精神病の一種です。普段から気が思い感じでなにもしたくないという状態です。なので、前向きな考え方が出来ないので、一度、うちを患うことにより、なかなか、治りません。また、進行していくにつれて、自殺願望が強くなります。とても、突発的で、判断能力もないので、うつになった場合には、薬などで、治療ます。


うつ状態の症状
うつ状態に陥ると様々な精神的な変化が現れます。まずはマイナスな感情。これは自動的な不安や悲しみが特徴で何もないのに涙が溢れてしまう、しかし原因がハッキリしないため忘れることもできないのです。そしてやる気がでないということ。決して怠けているわけではなく、これはうつ病の症状の一つなのです。仕事のやる気がでないことから、趣味ですらやる気が起こらなくなり、前向きな努力ができかねる状況になってしまうのです。

うつ状態の原因
うつ状態は毎日のストレスが原因でなることがあり仕事や家庭で毎日の負担が重なっていき精神的な負担が大きくなってきたときに発症することがあります。日ごろからの人間関係のトラブルで耐え切れなくなりうつっぽくなり元気もなくなってきますから職場での環境を変えたり家庭環境を変えたりしながら精神的に負担のない毎日を送るように心がけるようにします。

うつ状態の検査と診断
うつ状態の検査方法は、問診による医師の診断が一番となります。機器や採血などで診断するのではなく、問診により、自覚症状や医師が客観的に見た症状に対しての内服治療により効果が現れ、症状が軽減していくことが確定診断へとつながります。うつを自己分析するのは、なかなか難しい場合が多いので、不調があれば医療機関を受診してみると良いです。

うつ状態の治療方法
うつ状態とは、気分が落ち込み気味で、何をするにもやる気が起きない状態が長期間続くことをいいます。このような症状の治療法としては、脳内の伝達物質であるドーパミン系の治療薬を投与することでかなり改善することが医学的に証明されています。これでも駄目な場合は、非ドーパミン系の治療薬を投与することで効果が上がることが証明されています。

うつ状態の初診に適した診療科目

うつ状態の専門外来

うつ状態に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ