無精子症ムセイシショウ

無精子症はどんな病気?
不妊の原因を考えたときにかなりの確率で男性に何らかの問題がある場合もあります。その中のひとつに無精子症、というのがあります。
100人に1人の割合で無精子症の男性がいるとされており、一般の男性の精子の数よりも極端に少なかったり完全に精子が無い状態であるために受精が困難になっています。
無精子症には、睾丸の機能が低く精巣内の精子の数が極端に少ない非閉塞性無精子症と精子の通り道が詰まっている閉塞性無精子症があります。

無精子症の症状
無精子症は病気のサインや病的な症状が全くありません。不妊治療のために精液検査を行って判明するケースがほとんどで精液の中に精子がまったくいない状態です。
男性不妊の原因となる中でも一番重いものです。性欲も普通にありますし、射精すれば精液も出るため普通の成人男性との違いは見た目ではわかりません。体型が華奢でもガッチリしていても関係ないのです。

無精子症の原因
無精子症とは雄の精液中に精子が観察されない症状を言います。閉塞性と非閉塞性と2種類あり、前者は精子は形成されるが物理的要因により精液と合流できないもの、後者は精子そのものが作られないものを言います。
閉塞性の原因は、先天的な理由や、過去の感染症などで精管に異常があるためで、非閉塞性の原因は染色体の数的な異常や、性染色体の遺伝子異常などがあげられます。

無精子症の検査と診断
無精子症であるかを調べる検査方法として、精液の状態を見る必要があります。
病院で専用の容器をもらい、精液を採取します。精液を濃縮しても精子が見つからなければ診断が下りますが、体調などでばらつきがみられるため、複数回にわたって検査を行います。
その他、超音波検査や触診、ホルモン検査なども組み合わせて検査し、最終的に診断します。

無精子症の治療方法
無精子症は精液の中に精子がいない症状を言います。閉塞性のものと非閉塞性のものとに大別することができ、閉塞性もののであれば幼い時の鼠径ヘルニアの手術などを原因として精子の通り道が閉塞されているため、外科的手術で当該箇所の閉塞を解除することが治療法となります。
一方、非閉塞性のものは根本的な治療ではありませんが、精巣から直接精子を採取する方法などによって妊娠に繋がることができます。

無精子症の初診に適した診療科目

無精子症の専門外来

無精子症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ