バージャー病バージャービョウ

バージャー病はどんな病気?
バージャー病とは、20代から40代くらいの男性が患いやすく、閉塞性血栓血管炎とも呼ばれるもので四肢の動脈に閉塞性の血管炎を起こす病気のことです。これは四肢の末梢血管が閉塞することで四肢に十分血液が供給されないために起こります。この病気の症状は、しびれや冷感などを起こしたりします、また病気が進行すると皮膚潰瘍や壊疽を引き起こすなどのひどい症状が出ます。


バージャー病の症状
バージャー病は閉塞性血栓欠陥炎やビュルガー病ともいい指や足の色が変色することでわかる症状です。手や足に血が通いにくくなるため冷たくなることもあり気づくことが多いです。特に足がだるくなることがあり医者に行くことでわかることがあります。通常は気づきにくいことが多く変色したあとに痛みを伴うことでわかるケースもあり爪が変形していく場合もあります。

バージャー病の原因
バージャー病とは喫煙する20~40代の男性に起こる四肢の閉館性動脈疾患です。手足の血管に炎症が起こり、血管が閉塞します。静脈と動脈双方で発生します。そのために神経にも影響を及ぼし足または指にチアノーゼや強い痛みをともない、潰瘍や壊死となり、ひどい場合には大切断に至ります。原因はいまだわかっていませんが、喫煙との深い関係があることは確かです。

バージャー病の検査と診断
バージャー病の検査方法は足関節及び上腕の血圧比の計測を行い血管の狭窄がどの部位でどのようなパターンで起こっているかを調べます。まず血流計を使って動脈の閉塞部位を推定します。確定診断は血管造影検査によって閉塞部位の特定、閉塞パターンの確認及び閉塞性動脈硬化症の鑑別によって行います。血管造影像は特徴的で、Cork Screwと呼ばれる造影像が確認されると本疾患とされます。

バージャー病の治療方法
バージャー病の治療法は、薬物療法が基本となり、血液の循環を改善する必要があります。血栓を予防する為に、抗血小板薬や血管拡張薬が用いられます。重症の場合は、バイパス手術で血行再建を行います。バイパス手術が適さない人は、交感神経節ブロックが行われます。壊死が進行してる場合は指趾の切断が必要になります。病気にかかったらまず禁煙が必要です。

バージャー病の初診に適した診療科目

バージャー病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ