糖尿病合併症トウニョウビョウガッペイショウ

糖尿病合併症はどんな病気?
糖尿病は一度なってしまうと治らない病気です。毎日の食生活の乱れにより、この病気になってしまうケースも多いのですが、遺伝でなる方もいます。一番怖いのは、糖尿病合併症により心臓や目の病気などを引き起こし、ひどくなりますと、足の組織が壊れてしまい、最悪の場合は足を切断するケースもあります。糖尿病になり合併症を引き起こさないためにも食生活を改善し、これ以上ひどくならないように用心するべきです。


糖尿病合併症の症状
糖尿病合併症の症状については、様々なものがありますが、とてもきになるのが、足の先の病気です。例えば、水虫や皮膚の炎症を起こした場合、その回復が通常よりも時間がかかります。足先が水虫や皮膚の損傷が生じることは、結構多くあり、通常であれば、暑い季節にいつも起こる、たわいもないものです。しかし、糖尿病になると、この足の先の損傷の回復が遅くなります。

糖尿病合併症の原因
糖尿病合併症は、高血糖の状態が長く続くことが原因です。たんぱく質の糖化により、高血糖の人は血液の中にブドウ糖が多く含まれており、糖化が早く進んでしまうため発病します。また細胞の中でブドウ糖の一部がソルビトールという物質に変わり、さらに果糖へと変わっていきます。この時に酵素が処理をするのが遅くなり、細胞の中にソルビトールが溜まってしまうのです。この変化が障害を起こすといわれています。

糖尿病合併症の検査と診断
糖尿病合併症の検査方法はさまざまな症状の検査があります。その方法は、胸部レントゲン検査おまずおこなっていきます。その次に、心電図検査をおこないます。その後におこなっていくことが血清脂質検査もあわせておこなっていきます。その他にも、AST検査やALT検査、胸部超音波検査、血圧検査をおこなっていきます合併症はさまざまな症状がでますので沢山の検査が必要になります。

糖尿病合併症の治療方法
糖尿病合併症の治療法は、薬物療法であればメチコバール、テグレトールなどが使用される場合があります。この他、食事療法、健康療法などで対応するケースもあります。うつ病と併用して発症した場合は、抗うつ薬で効果が生まれることがあります。軽症か重症かで、対処は異なると見ても構いませんが、発症後は健康に気遣って生活していく必要があります。

糖尿病合併症の初診に適した診療科目

糖尿病合併症の専門外来

糖尿病合併症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ