切れ痔きれぢ

切れ痔はどんな病気?
切れ痔とは、肛門部が切れ、少量の鮮血が見られる病気のことを言います。便をする際に傷みを感じたり、普段の生活で痒みを感じたりする場合があります。この病気の原因としては、便秘により硬い便が出ることが最も大きな原因と言えます。頻繁に起こらなければさほど問題はなく、すぐに治りますが、慢性化すると、肛門が細くなり、さらに切れやすくなります。

切れ痔の症状
切れ痔の症状については、まず、排便時の強い痛みと出血が挙げられます。便が硬く太い場合や下痢の時に肛門が傷んでできます。便秘では傷が治らないうちに再び傷つく。繰り返すうちに組織が硬くなり傷が治りにくくなる。傷が深くなると肛門周辺の括約筋に達することもあります。 出血については、鼻血程度のもので、トイレットペーパーを用いて止血が可能です。しかし、痛みについては、とても切ないものがあります。それは、排便時に必ず痛みを伴い、トイレットペーパーで拭く際にも痛さが体に響きます。これは、肛門上皮に痛みを感じる神経があるため、この部分が切れて、痛みを感じます。

切れ痔の原因
排便をする際、太く硬い便を出すことによって肛門が傷つくことが原因の切れ痔。便秘が解消されたと思ったら、トイレットペーパーに血が付いていたという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。トイレへ行く度にヒリヒリと痛みを感じる、そんな症状の治療法は基本的に、薬物療法です。痛みや患部の炎症を抑えるための軟膏を使用したり、便をゆるくするための薬を服用します。

切れ痔の検査と診断
通常の検査方法として、触診が行なわれます。横向きに寝て、膝をまげ医師にお尻を突き出します。薄手の手袋をした医師が肛門に指を入れて行ないます。切れ痔であれば肛門外部にあるため、目視診察でも診断は可能です。必要に応じて、肛門からカメラを入れ大腸内を診察する内視鏡検査をする場合もありますその場合、検査当日は下剤を服用し、腸の中をきれいにしてから検査を行ないます。

切れ痔の治療方法
切れ痔の治療法は、症状の軽いものから重いものまでいくつかの方法があります。症状が軽い場合は、便秘を防ぐために整腸剤や下剤を服用すること、逆に下痢により起こった場合は、食生活を見直す、下痢止めを服用するなどの治療があります。また、市販の軟膏薬などで治療をすることも可能です。 慢性化すると肛門周辺の皮膚が硬くなり肛門が狭くなるため、括約筋の一部や硬くなった皮膚を切り肛門を広げる手術をすることがあります。 症状が重く化膿したり、慢性化してしまう場合は、病院で適切な薬を貰う、手術などの処置が必要です。切れ痔の予防は、食生活のバランスや睡眠のリズムが重要です。体調を整えて便を適度な固さにすることも大事です。

切れ痔の初診に適した診療科目

切れ痔に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ