フラッシュバック

フラッシュバックはどんな病気?
フラッシュバックとは、過去に体験した心の傷を伴う心的外傷により、当時の忌まわしい記憶や映像などが思い出される現象です。大脳辺縁系の働きにより、忌まわしい記憶を不快なものとして扱うことそのものは通常の脳学習機能なので、心の傷として深く受け止めた本人が生活に支障を来すようであれば、安心と信頼のうちに話せるカウンセリング療法などで記憶を「ただの出来事」として受け止める訓練が必要です。


フラッシュバックの症状
フラッシュバックの症状についてです。これは昔、あった思い出したくない出来事を、にたような状態になった場合に、体が思い出して、パニックや精神に異常をきたします。例えば、昔、車で事故を起こした場合に、、似たような交差点でその事を思い出してパニックをおこします。パニックをおこして、興奮状態になるので、まずは落ち着くことがとても、大切です。

フラッシュバックの原因
フラッシュバックの原因は、感覚や感情を刺激する音、映像、味などです。その人が過去にもつトラウマによっては、シチュエーションであったり、痛覚を刺激された場合にも起きるケースがあります。何がきっかけであるかは、人によって違うことが多く、似たようなトラウマであっても、思い出したり夢に見るパターンは違うことが多い傾向にあります。

フラッシュバックの検査と診断
心に大きな傷を受けるような状況に陥った場合、その後もその時の情景がフラッシュバックとして再び再現されてしまうPTSDに悩まされている方は少なくありません。この検査方法には米国精神医学会のDSM-4という基準で行われるのが通常ですが、他にもWHOのICD-10基準といったものもあり、場合によってはこちらもよく使われています。

フラッシュバックの治療方法
フラッシュバックの治療法は、精神科医のカウンセリングで嫌な思い出やトラウマを思い出してしまうプロセスを明らかにして、トラウマや嫌な思い出を思い出させないようにすることです。カウンセリングでは催眠療法も使い深層心理にまでアクセスしてどれくらいの傷になっているのかを探ります。改善できるようなら治療し無理なら思い出させないようにします。

フラッシュバックの初診に適した診療科目

フラッシュバックの専門外来

フラッシュバックに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ