腎不全ジンフゼン

腎不全はどんな病気?
腎不全には急性型と慢性型があります。この病気の一般的な人の認識は慢性型の方についてです。この病気は、腎臓の慢性的な病により腎臓の機能が30%程度に落ちた状態のことを言います。腎臓機能の低下により排尿に問題が起き、体内に尿毒素が蓄積されます。それによって疲労感や食欲不振が出て、さらには痙攣や意識障害も起こすことがあります。

腎不全の症状
腎不全とは腎臓の機能が、正常な働きを見せている時の3割以下の働きになってしまう症状で、腎臓の機能が弱ります。腎臓の主な役割である尿の生成が困難になり、排尿にも問題が出てきます。排尿困難で気づいた時には病状の進行が進んでいて回復まで時間がかかります。正常な働きの1割以下の状態になると腎臓として機能せず、透析で腎臓の代わりをします。

腎不全の原因
腎不全の原因は様々で、慢性か急性かによっても変わってきます。慢性の場合は、一番多いのが糖尿病、次が糸球体を傷つける慢性糸球体腎炎、間質を傷つける間質性腎炎、血管を傷つける高血圧、水腎症などです。急性の場合は、出血や急激な血圧の低下、脱水症、抗生物質や鎮痛解熱剤、造影剤などの薬の副作用、多量のアルコールを摂取などがあげられます。

腎不全の検査と診断
腎不全の検査方法は、まず尿検査を実施します。尿検査の検査内容は、蛋白尿・血尿・尿ペーハー・白血球・細菌・尿比重・尿沈検査の7項目を検査することにより腎機能がわかります。次には血液検査を行います。腎機能が低下すると、血中のクレアチニンの値が上昇します。また、尿素窒素の値も上昇します。より正確に調べるには腎臓の組織の一部を採取して顕微鏡で調べる腎生検を行います。

腎不全の治療方法
腎不全で治療が必要となった場合に行われる透析には2種類あります。まず身体に溜まった水分や尿毒素をダイアライザーという透析器を使って取り除く血液透析という方法で、現在最も広く行われている治療法です。また、腹腔内に注入した透析液に血液中の水分や毒素を移行させ、その透析液を入れ替える腹膜透析があります。完全に腎臓が機能されなくなった場合には腎移植の処置が施されます。

腎不全の初診に適した診療科目

腎不全に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ