鼻茸ハナタケ

鼻茸はどんな病気?
鼻茸とは、慢性副鼻腔炎のうちの一つで、鼻ポリープと呼ばれています。アレルギー性鼻炎などで、鼻づまりが長期間にわたって治らないことを急性副鼻腔炎といい、これがさらに炎症を繰り返すことで、水ぶくれのようなものができるのですが、これが鼻ポリープです。症状としては、両方ともひどい鼻づまりで、黄色っぽい鼻水が出続けるといったものです。


鼻茸の症状
鼻茸になると左右交代で鼻づまりが起きるようになり、次第に両方がつまって長期に渡り鼻汁が出続けます。進行すると鼻の穴から水ぶくれが見えるようになり、鼻の形が変わってしまうこともあります。嗅覚が鈍くなり、頭痛や鼻内圧迫感、出血などの不快な症状も起こってきます。放置していると耳や目、喉にも合併症となる炎症が起こることもあります。

鼻茸の原因
鼻茸は鼻に出来る良性のポリープです。これが発生する原因は分かっていませんが、アレルギーや細菌感染が関わっていると言われています。アレルギー物質や細菌などによって鼻腔の粘膜が刺激され、好中球や好酸球などの炎症細胞が集まります。すると、炎症細胞からヒスタミンが分泌し、それがさらに鼻の粘膜を刺激します。これによって粘膜の血管が膨張し、その一部分がキノコのように突出し、本症になると言われています。

鼻茸の検査と診断
鼻茸の検査方法とは、一般的には視診と画像診断の2つが利用されています。視診とは鼻の内部を鼻鏡で観察するものであり、内部を直接見ることですぐに発見することができます。また画像診断の場合には、CTのような断層撮影を行い、またはMRIによる磁気画像を撮影するなどして、それらの画像を見た上で、備考の状態をしっかりと細部まで見てみることで、症状の詳細を観察するのです。

鼻茸の治療方法
鼻茸は良性のポリープなので切除する必要はありませんが、重度の鼻づまりや、臭いの感覚もわからなくなるなど生活に支障が出るようになった場合、治療法として保存的療法と手術療法があります。保存的療法は局所ステロイド剤を鼻に噴出し、副鼻腔炎を併発している場合は抗生物質と並行して内服します。手術療法は保存的療法で治癒しなかった場合に行います。鼻粘膜に局所麻酔をしループ状の針金で締め付けて摘出する方法です。

鼻茸の初診に適した診療科目

鼻茸の専門外来

鼻茸に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ