がんガン

がんはどんな病気?
人間の体内は、数億個の細胞で出来ています。人間は子供の時からの細胞の分裂によって、あらゆる箇所が成長していって、成人に到達したときに細胞分裂によって、細胞が生まれ変わっています。がんは、細胞が生まれ変わって分裂するときに何かの不具合が生じたときに発生します。他の臓器に転移する事が特徴です。初期の症状としては、全身の悪寒や倦怠感や吐き気などです。


がんの症状
がんは遺伝子異変で発生した悪性腫瘍が増殖する症状で、放置しておくと血液やリンパを通じて体全体に転移してしまいます。悪性腫瘍は正常な細胞と比べ増殖力が強く、そのまま放置しておくと正常な細胞を侵食してしまい悪性腫瘍に変えてしまいます。血液中に入って体全体に散らばるので、最初に悪性腫瘍ができたところから離れた場所にも転移します。

がんの原因
がんは日本人の死因の一位となっている病です。この病気になる原因は体の部位によって様々ですが、長年の生活習慣の不摂生が要因になっていることがわかっています。大腸の場合では、高カロリー食品(ジャンクフード類)・肉類の過剰摂取が発生リスクを高め、胃の場合だと塩分の過剰摂取(塩蔵魚介類や漬物)・過度な飲酒喫煙が発生リスクを高めます。

がんの検査と診断
がんの検査方法は、その種類によって様々なものがあります。まずは前立腺などを調べる血液検査や、大腸や食道などの体の器官を内視鏡を使って検査する方法、便によってその便を観察して出血などがないかを見極める方法など様々です。最初に初期的な比較的手軽な血液や検便、レントゲン、CTスキャンなどの方法によって診断し、そこでさらに生検によって確定します。

がんの治療方法
現在日本で主流ながんの治療法は外科療法、化学療法、放射線療法の3種類です。この3つを三大療法と呼び、それぞれを組み合わせ、足りない部分を補いながら治療を行います。外科療法では原発巣と転移巣を外科手術で切り取ります。化学療法では抗癌剤を用いて癌細胞の分裂を抑え、破壊します。放射線療法ではX線やγ線といった放射線を照射し、癌細胞の増殖を抑えます。

がんの初診に適した診療科目

がんの専門外来

がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ