気分障害キブンショウガイ

気分障害はどんな病気?
気分障害とは、鬱病などのやる気が出なくなるような症状のことです。また、それらの原因は周囲の環境の変化や、人間関係の悪化などによって発生することが多くあります。このため、将来を悲観しないように前向きに考えることが必要であり、細かいことをいちいち気にしないようにすることや、悩みなどを友人などに打ち明けるなどストレスをため込まないようにする必要があります。


気分障害の症状
気分障害は最近メディアによく出てくる言葉です。一般の人にはうつ病の一つと思われることが多く、実際症状の一つにうつ病を患うことがあり、患者は年々増えています。患者は強いストレスを溜めていることが多く、そのため感情の制御や自己管理がうまくできなかったりして、第三者に誤解を招くことがあります。「あいつは怠けている」「自己管理が足りない」と思われ、自分を責めてますます悪化させるケースもあります。

気分障害の原因
気分障害には、うつ病と躁うつ病の二種類あります。まだはっきりした原因は解明されておらず、甲状腺の働きが異常に高まるとこれと似た状態になります。遺伝的なことがかなり強いとも言われていますが、はっきりしたことはわかっていないのが現状です。心理的なかなり強いストレスがかかると、精神に大きな負担となって発症する場合もあります。

気分障害の検査と診断
気分障害の検査方法は医師がカウンセリングを行い躁状態の時と鬱状態を観察します。カウンセリングを受けた時が躁状態か鬱状態かを判断し、もう一方の状態と比較します。患者の話す内容が整合性がるかどうかを判断するのは医者です。躁状態の時間が長いか鬱状態が長いか、躁状態の時と鬱状態に話していることとの整合性を総合的に判断して検査します。

気分障害の治療方法
気分障害の治療法にはどのようなやり方があるのでしょうか。まず、投薬によって症状を改善しながら、日常生活に支障のないようにするようにしていきます。これで栄養不足や睡眠不足を改善していくのです。しかし、症状が重体な場合、あるいは患者自身が投薬や休息を拒む場合、患者の自殺願望が凄く強い場合などに、強制的に入院させるという方法もあります。

気分障害の初診に適した診療科目

気分障害の専門外来

気分障害の専門医

気分障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ