掌蹠膿疱症ショウセキノウホウショウ

掌蹠膿疱症はどんな病気?
掌蹠膿疱症とは、手のひらや足の裏に無菌性の膿がたまった膿疱と呼ばれる皮疹が沢山できる病気です。最初は小さな水泡で次第に黄色い膿疱に変化していき、その後かさぶたになり角層が剥げ落ちます。これらの症状が周期的に繰り返されます。また、胸肋鎖骨関節や脊椎に関節炎を併発する場合もあります。原因は喫煙や虫歯、慢性扁桃炎、金属アレルギーなどが考えられていますが、はっきりと特定はされていません。


掌蹠膿疱症の症状
掌蹠膿疱症の症状の現れかたとしては、手掌や足底いった部位に多数の膿疱が両側に急に出現し、その出来た膿疱の周囲に赤みが伴います。出来た赤みはくっつき合い手掌や足底 の皮が剥けて赤くなる状態になります。そしたその中に膿疱・瘡蓋が見えるようになります。そして約1割に胸肋鎖骨関節、脊椎の関節炎を併発し、胸肋鎖骨骨化症を合併することが多いです。

掌蹠膿疱症の原因
掌蹠膿疱症の原因は溶連菌やスーパー抗原に対する免疫応答の異常とされ、以下に関連するものがあげられる。長期にわたる喫煙・受動喫煙によるもの、虫歯・歯肉炎による菌の感染、歯科用金属によるアレルギー、アクセサリーによる金属アレルギー、慢性扁桃炎における感染症、水溶性ビタミンの一種であるビタミンB7、別名ビオチンの不足である。

掌蹠膿疱症の検査と診断
掌蹠膿疱症の検査方法は、病変のある皮膚組織の一部を採取して顕微鏡で観察する病理検査、白血球数の数値などを調べる血液検査などがあげられます。また、発症した原因が金属アレルギーの疑いがある場合には、金属アレルギーの有無を調べるパッチテストを行い、扁桃腺炎が原因である疑いがある場合には、扁桃腺を刺激して症状の変化をチェックします。

掌蹠膿疱症の治療方法
掌蹠膿疱症は短期間で治すのは難しいですが、ステロイド外用薬や免疫抑制薬の内服、エトレチナートの内服、紫外線療法などが一般的ですが、ステロイド外用薬から始め効果が期待できないなら全身の療法に移ります。もし原因がはっきりしている場合は、根本的に原因を排除する治療法をします。原因となるものは喫煙、扁桃腺炎、 なにかしらのアレルギー反応、

掌蹠膿疱症の初診に適した診療科目

掌蹠膿疱症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

掌蹠膿疱症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ