遺伝性出血性毛細血管拡張症イデンセイシュッケツセイモウサイケッカンカクチョウショウ

遺伝性出血性毛細血管拡張症はどんな病気?
先天的の毛細血管が薄く、脆弱なために、血圧によって拡張しやすく破れて出血を起こす病気です。


遺伝性出血性毛細血管拡張症の症状
鼻血のほか、消化管,尿路、脳、脊髄などの毛細血管で出血がおこります。

遺伝性出血性毛細血管拡張症の治療方法
血管収縮薬や、レーザー治療が用いられます。貧血症状には、鉄剤が処されます。

遺伝性出血性毛細血管拡張症の初診に適した診療科目

遺伝性出血性毛細血管拡張症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

遺伝性出血性毛細血管拡張症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ