アテローム血栓性梗塞症アテロームケッセンセイコウソクショウ

アテローム血栓性梗塞症はどんな病気?
頸動脈や脳の太い血管がつまり、血流が途絶えたためできる大きな梗塞(動脈がふさがれて、その先の組織に壊死(えし)を生じた状態)です。


アテローム血栓性梗塞症の症状
まひなどの運動障害やしびれなどの感覚障害、意識障害、失語、失行、失認などの症状があらわれます。

アテローム血栓性梗塞症の原因
血液中にコレステロールなどが増え、動脈の内壁に沈着し、粥状のコブになってくる状態をアテローム硬化(粥状硬化)といいます。アテローム硬化が進むと血管内の内壁が傷つき、それを修復するために血小板が集まってきて血栓をつくります。この血栓が血管を詰まらせ血流障害を引き起こします。アテローム硬化を生じさせる危険因子としては、喫煙、高血圧、脂質異常症、糖乳病などがあげられます。

アテローム血栓性梗塞症の治療方法
血液の凝固作用を抑制する抗凝固薬とあわせて、脳のむくみをとり、脳組織へのダメージを出来るだけ抑える治療が行われます。その後、再発予防のために、抗血小板薬の服用も用いられます。外科的治療として、血栓除去手術、カテーテルを用いた血管拡張手術、頭皮の動脈から脳動脈へ血液を流す血管吻合手術などが症状にあわせて行われます。

アテローム血栓性梗塞症の初診に適した診療科目

アテローム血栓性梗塞症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ