杉並区 西荻窪 心療内科 神経内科 カウンセリング 

西荻聖和クリニック

〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-19-2 富士ビル3F
公式情報 このビジネスはオーナーまたはマネージャーによって登録されています。
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可

西荻聖和クリニック休診日のお知らせ

  • 診療時間変更のお知らせ

    《初診患者さんへのお知らせ》
    2月15日から新患受付を再開致します。月、火、木、土曜日のみ、1日3人まで受付け致します。紹介状は必要ありません。

    2018/02/05更新

西荻聖和クリニックからのお知らせ一覧はこちら

西荻聖和クリニックのアピールポイント

西荻窪駅北口目の前のビルにて診療しております。
西荻聖和クリニックでは19歳以上の方を対象に診察を行っております。
診療科目は、心療内科を中心に、神経内科、内科も取り扱っております。
当院の心療内科は精神科に繋がる心療内科ではなく、ストレスや身体疾患を取り扱う内科の一部と捉えています。
過敏性腸症候群や、軽度のうつ病、パニック障害、慢性疲労など、ストレスにより引き起こされる機能的疾患の治療を心療内科では主に行なっております。
機能的疾患の中でも自律神経失調症の治療が得意分野となっております。
内科では、一般内科の診察、漢方治療などを行ない、神経内科では、手のふるえ、顔面神経麻痺、片頭痛などの治療に対応しております。
西荻聖和クリニックでは、混雑時に診療時間を短く、数分で行い順番を繰り上げるスピード診療を行なっており、お忙しい方に配慮した医療を提供しております。
また、親切な対応を心がけ、患者様が気軽に相談できる医院を目指しております。院内はダークブラウンを基調とした落ち着いた雰囲気になっており、寛ぎながら診察を受けていただけます。診療は水曜日以外の平日と、土曜日も受け付けており、通院しやすくなっております。

病院情報

病院・クリニック名 西荻聖和クリニック
院長 根岸 鋼 根岸 鋼 医師紹介はこちら
所在地 〒167-0042
東京都杉並区西荻北3-19-2 富士ビル3F
最寄り駅
電話 03-3397-3050
診療科目
診療時間
時間
11:00~13:45
10:00~13:00
15:30~17:45

休診日について

水曜日・金曜日・日曜日・祝日・土曜日午後

外来受付時間・休診日は診療科目によって異なることや変更になっている場合があります。 事前に必ず医院に直接ご確認ください。
交通手段 ・JR中央線「西荻窪駅」北口駅前
専門外来
出身医学部・歯学部
ホームページ

診療案内

当院は複数の診療科目を標榜していますが心療内科専門医院です。ただ、院長は内科医ですから一般の内科疾患も扱います。
なお、神経科の標榜も有ることの理由は、一部の軽症精神神経科疾患に対しカウンセリングを行うためです。いわゆる精神病性障害などの疾患は当院の対象外となります。
カウンセリングは保険診療として診察の中で行いますが、定期的なカウンセリングを希望される方は、付属の西荻心理相談室にて1回¥5,000~¥12,000の範囲で行っています。

内科
一般的内科疾患への対応・漢方治療・高血圧症・糖尿病他

心療内科
血圧測定恐怖症・ストレス性胃腸障害・過敏性腸症候群・自律神経失調症・慢性疲労・ストレスによる皮膚症状・いたみの訴え・軽症のうつ病・パニック障害

神経内科
手のふるえ・身体のふるえ・あがり症状・顔面神経麻痺・顔面痙攣・片頭痛・習慣性頭痛

■心療内科とは?
我々は何時の時代に生きていようと様々なストレスに晒されています。後になって癌や血管障害などの成人病をはじめとする各種内科疾患や整形外科、皮膚科、婦人科疾患という明らかな形でその正体を現わして来ます。心療内科とはこのストレスに対応することを目的とした内科の一分野ですが、各科に属する心身症をも担当します。

■特に心療内科医が得意とする分野とは?
例えば心筋梗塞はその治療に専門性が要求されるため循環器の専門医が担当しますが、心理的問題を抱えている人に対しては心療内科医が専門医を手伝うことがあります。しかし、ストレスで脈が速い、恐怖感で血圧が上昇する様な機能的疾患にはむしろ心療内科医が主治医となります。特に機能的疾患の代表としては自律神経失調症があり、心療内科医が一番得意とする分野です。

■自律神経失調症という診断名は要注意!!
自律神経失調症的訴えは実は精神障害を有する方の部分症状としては必発のため、診断名をきっちり知らされていない精神障害の方が心療内科受診を希望する場合が非常に多く現場で混乱がみられます。当然この種の疾患には精神科専門医が対応すべきです。

■誤まって心療内科を受診することの多い精神科疾患とは?
統合失調症(精神分裂病)、妄想症、躁うつ病、人格障害(激しい気分の変動、攻撃性、自傷行為、摂食障害などの症状を有することが特徴です)、薬物やアルコール依存。精神保健福祉法32条適用疾患。精神的混乱状態。その他。

■心療内科は内科です。精神科の入口ではありません
精神科が主体で心療内科を併設しているクリニックには心療内科を精神科の入口と位置づけている医師の方々もおられますが、当院はこの様な考え方をしておりません。

■当院は内科及び心療内科専門です。心療内科はストレスと身体疾患を扱う所で、いわゆる精神科ではありません。

■スピード診療:混雑時2~3分の診療でもよろしければ順番を繰り上げます。受付にお申し付け下さい。

Q&A
Q:私の訴えは軽い落ち込み感と動悸や息苦しさです。この場合、心療内科よりも精神科の方がよいのでしょうか?
A:精神科領域の病気でも心療内科医が対応できる程度のものがありますからどちらの科を受診するかの判断に迷う場合があります。ただ、以上の訴えのほかに、実は自傷行為がある、気分の変動が激しい、対人関係では攻撃的になりやすい、強い自己否定的感情があり生きている意味がないと感じている、などの訴えも存在するならば精神科を受診すべきです。

Q:そちらのクリニックではカウンセリングをちゃんとやってもらえるのでしょうか?
A:カウンセリングは医師の診療の中に組み込まれており、ここまでが内科診療、ここからがカウンセリングと区別することはできません。また心理士による面談の中にもカウンセリングが含まれます。これらは心身医学療法、あるいは通院精神療法としての保険診療です。ただし、はじめから、自分は○○療法を受けたい。と希望されている場合は当院以外か、民間で心理相談を行なっている所をあたって下さい。なお、当院にも西荻心理相談室が併設されており、実費(保険外)でカウンセリングを受けられますが、対象は当院通院中の方のみです。

Q:貴院に転医を希望しますが、引き受けてもらえますか?
A:まず、精神科領域の病名がついていないことを確認して下さい。初めから必要な薬剤名を指定される場合は紹介状が必要になります。

トラウマに挑戦(2011年4月発行) NEW
心療内科医の人生を振り返って

根岸 鋼 (著)
文芸社(1,155円 税込み)
認めてもらいたい人達
心療内科医 による仏教的心理学(療法)の展開

根岸 鋼 (著)
文芸社(1,050円 税込み)
認めてもらいたい人達
心療内科医 による仏教的心理学(療法)の展開

根岸 鋼 (著)
新風舎(1,050円 税込み)
内科医として全力でとりこんだ一冊です。
ナツメ社(1000円+税)
からだが疲れる」

医師紹介

根岸 鋼
院長・医学博士

根岸 鋼

はじめまして、院長の根岸鋼です。
西荻聖和クリニックは1987年設立の心療内科、神経内科、内科(神経科,精神科)標榜の無床診療所です。東京都杉並区西荻駅北口駅前で診療しております。複数の診療科目を標榜していますが心療内科専門医院です。
ただ、私は内科医ですから一般の内科疾患も扱っております。自律神経失調症・うつ・パニック障害・アガリ、緊張、手の震え・健康相談・漢方相談・トラウマ相談など、一人で悩まず、どうぞお気軽にご相談下さい。

■大学における研究テーマ
脳血管障害の病理学的検索。神経性食思 不振症の人体および実験病理。

■開業以降の研究テーマ
各種心理療法の検討。心理学分野への仏 教的理論の導入。

■著書など
・神経性食思不振症(医学書院,共著)
・神経性食思不振症と過食症
(星和書店,共訳)
・ストレス死チェック(廣済堂,共著)
・よくわかる自律神経失調症
(ナツメ社,監修)
・からだが疲れる(チェリーハウス,監修)
・その他健康雑誌
(元気が出る体の本,SAITA,Bagel,…)の監修
・TV、ラジオ出演
略歴
1950年杉並区生れ、桐朋高等学校、日本医科大学を卒業。
日本医科大学第2内科、防衛医科大学第3内科、日本医科大学第1病理学教室、狭山神経内科病院を経て西荻聖和クリニックを開設。
専門医資格
日本心身医学会 心身医学科認定医専門医
その他資格
・医学博士
・日本病理学会認定医(非更新)
・日本人間ドック学会認定指定医
・厚労省認可・人体解剖資格

現在、西荻聖和クリニックの求人情報はホスピタにはございません。
ホスピタ提携「ナース人材バンク」では、あなたの条件にあった求人の紹介が受けられます。
ご利用は完全無料です。あなたにぴったりの求人をご紹介いたします!
ご希望条件はもちろん、転職の不安、お悩み含めて何でもお気軽にご相談いただけます。どうぞご利用ください。

ナース人材バンク

メールで送信

※ドメイン指定受信を設定されている方は「hospita.jp」を追加してください。
※送信した携帯メールアドレスは保存及び他の目的のため利用することはありません。
携帯メールアドレス
メモ

バーコードを読み取る

スマートフォン用

https://www.hospita.jp/sp/detail/404/

携帯電話用

https://www.hospita.jp/fp/detail/404/
このページの先頭へ