世界で毎年10万人が亡くなる「アメーバ赤痢」を知る!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『世界で毎年10万人が亡くなる「アメーバ赤痢」を知る』をご紹介させて頂きます。

国内感染者は「年間750人」以上

「アメーバ赤痢」は、腸管寄生する原虫(顕微鏡でしか見えない単細胞生物)の「赤痢アメーバ」を病原体とする感染症です。消化管で感染が起こるため、血便や腹痛といった症状がみられます。

発展途上国への渡航者によくみられる感染症で、世界では年間に約7〜10万人がアメーバ赤痢によって死亡しています。日本では、福祉施設や介護施設での集団感染などが年々目立つようになり、患者数は年間750人以上と増加傾向を示しています。

感染者の「約10~20%」が発症

「アメーバ赤痢」は、原因となるアメーバの侵入が「腸管」もしくは「腸管外」によって、それぞれ、症状が異なります。感染しても症状があらわれるのは、感染者全体の約10~20%といわれています。

「腸管」の場合、下痢、イチゴゼリー状の粘血便、しぶり腹(便が出ないのに便意をもよおす症状)、排便時の下腹部の痛み・不快感などの症状があらわれます。症状が改善したり悪化したりをくり返すのが特徴です。発熱が起こることはほとんどありません。これらの症状は「腸管アメーバ症」と呼ばれます。

一方、「腸管外」の場合、多くの人は約38~40℃の発熱が起こります。下痢や腹痛など消化器官の症状がみられる人は、全体の約50%です。そのため、感染症にかかっているとの認識がなく、治療が遅れて体調が悪化することがあります。右の脇腹の痛み、肝臓の腫れは特徴的な症状です。他にも、吐き気、嘔吐、寝汗、全身の倦怠感、体重減少が見られます。これらの症状は「腸管外アメーバ症」と呼ばれます。

「生水」/「果物」などから感染

アメーバ赤痢の感染経路は、感染者の排泄物に汚染された水や、その水で作った氷をそのまま摂取したり、あるいは汚染水に浸された生野菜、果物、生肉を食べることで感染します。潜伏期間は、通常約2〜3週間とされています。

厚生労働省の施設等機関である国立感染症研究所によると、日本国内のアメーバ赤痢感染は、5年のあいだに、約57%も増加しています。10万人に対して0.59人の割合で感染しているといいます。そのなかで死亡例は、感染者の約0.65%であることが報告されています。死亡率はけっして高くはないですが、ゼロではないということは覚えておきましょう。

治療薬で「ほとんどが完治」する

アメーバ赤痢の治療には、「メトロニダゾール」薬剤が有効です。約90%以上のケースで完治するほど効果の高い薬剤です。容態が悪く服用が困難、あるいは激しい下痢のため、吸収が低下しているときは、「メトロニダゾール注射薬」が使用されるでしょう。

アメーバ赤痢を予防するワクチンは現在のところありません。そのため、海外での食事には十分な注意が必要です。特に発展途上国では、水や氷には細心の注意を払いましょう。ビン入りのミネラルウォーター、一度沸騰させた水を飲むようにします。

また、十分な加熱がされていない料理を口にすることは避けましょう。汚染された調理器具、食器から感染することもあります。衛生面に気を配るように注意してください。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る