子どもの「水疱瘡」は、始めの対処が肝心!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『子どもの「水疱瘡」は、始めの対処が肝心!』をご紹介させて頂きます。

水疱瘡は「強いウイルス」による感染症

水疱瘡(みずぼうそう)は、
(1)全身に小さな赤い発疹ができる
(2)37〜38度の発熱が起こる
(3)全身のだるさ・軽い頭痛・ 食欲の低下を感じる
(4)赤いブツブツがふくらんで水ぶくれ状になる
(5)やがて強いかゆみを感じる、といった症状が起こる感染症です。

医学的には「「水痘(すいとう)」と呼ばれる病気です。「水痘帯状疱疹ウイルス」に感染することで発症します。水痘帯状疱疹ウイルスは、人間にだけ感染するウイルスで、強い感染力が特徴です。

発疹(ブツブツや水ぶくれ)は、顔、手足、胸、お腹、背中、頭皮、口内にまであらわれます。発疹が水ぶくれに変わると、強いかゆみが生じるため、赤ちゃんや子どもは極端に不機嫌になるでしょう。かゆみに我慢できずに、爪で掻きむしると「痕」が残ることがあります。

子どもの「90%は10歳まで」にかかる

水疱瘡は、1年をとおして感染する可能性のある病気ですが、毎年だいたい11月から流行しはじめ、春先にかけて患者のピークを迎えています。赤ちゃんや小さな子どもにかかりやすい病気で、10歳までにかかる感染症としてよく知られているとおり、子ども全体の約80%が6歳までに「水疱瘡」を経験しています。

ウイルスの感染力はたいへん強く、水疱瘡に感染しているお友だちの顔に触れるほどの接触であれば、およそ5分で感染するといわれています。ウイルスは、口や鼻から侵入します。感染経路は、
(1)空気に飛散したウイルスを吸い込む「空気感染」
(2)咳やくしゃみからウイルスをもらう「飛沫感染」
(3)手や食べものに付着したウイルスが体内に入る「接触感染」の3つが考えられます。

予防接種は「無料」で受けられる!

水疱瘡によって症状が重症化することは稀ですが、水疱瘡がきっかけで肺炎気管支炎などの病気を発症することはあります。そこで、2014年(平成26年)から厚生労働省は、水疱瘡の予防接種を「定期接種」としています。

定期接種とは、はしかや日本脳炎などと同じように、法律によって各市区町村が乳幼児に「摂取を強くすすめるワクチン」で、ほとんどの地域で予防接種が無料(公費)で受けられます。ワクチンを接種すると、90%以上の子どもはウイルスに対する免疫が作られます。予防接種が任意接種から定期接種になったことで、水疱瘡にかかる子どもの数は大幅に減少しています。

「微熱+ブツブツ」が見られたら

水疱瘡は、体内に侵入したウイルスが血液中で増えて、さらに皮膚に発疹としてあらわれるまで、約2週間かかります。そのあいだに、ウイルスは体内で増え続けています。そして、発症から完治までは約3週間かかります。子どもにとってはもちろん、ママやパパにもこれは長い期間です。早めの対処を施すことで、症状が軽く済ませることが可能です。

近所、保育園、幼稚園などで「水疱瘡が流行していないか?」のアンテナを張っておきましょう。そして、「(1)微熱 +(2)機嫌の悪さ +(3)虫刺されのようなプツプツ」の変化が見られたら、それがわずかな症状であったとしても、すみやかに「小児科」を受診し、医師に相談しましょう。

発症から「48時間以内の対処」が大事!

水疱瘡と診断されると、
(1)抗ウイルス薬
(2)痒み止め
(3)抗生物質
などが処方されるでしょう。水疱瘡は、発症から2日(48時間)以内に薬を投与することが大事です。症状を軽くして、さらに重症化を防ぐ効果に違いがあらわれます。

また、ウイルスと接触して3日(72時間)以内に、予防ワクチンの摂取を受けると、発症の防止や症状の軽症化が期待できます。毎年、水疱瘡感染者の400人に1人は重症化して入院しています。厚生労働省の報告によると、その数は年間約4000人といわれています。子どもの体調の変化は、たいがい急に起こるものです。小さな変化に対して「様子を見る」などの対処をせずに、できるだけ早く「小児科」を受診してください。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る