子どもの脱腸「小児鼠径ヘルニア」の症状

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『子どもの脱腸「小児鼠径ヘルニア」の症状』をご紹介させて頂きます。

乳幼児の約5%に発症する病気

「ヘルニア」は、体の中にある臓器などが、本来の場所からはずれて飛び出してしまった状態をいいます。「鼠径」とは、足の付け根あたりを指します。つまり、「鼠径ヘルニア」とは、足の付け根から恥骨(生殖器のすぐ上にある骨)にかけての「筋膜(皮膚の下にある薄い膜)」に穴があいてしまうことで、小腸などが皮膚のしたに飛び出す症状の病気です。昔からいわゆる「脱腸」と呼ばれている症状です。

大人では、加齢で筋膜がゆるみ始める40代以降の層に見られる症状です。子どもは、乳幼児の約5%が発症しています。定期検診(1歳6ヶ月や3歳)に、医師から指摘されるケースも少なくありません。男の子に多く発症し、男女の発症率は「4:1」といわれています。男の子はだいたい「小腸」の一部が、女の子の場合は「卵巣」の一部が出てしまうことが多いようです。

足の付け根に「腫れ」が見つかったら

オムツ替えや入浴時には、できるだけ(体を冷やさないようにして)、赤ちゃんの体の状態や様子を確認するようにしましょう。男の子なら片方の陰のう(睾丸を入れる袋)が、女の子なら足の付け根が、普段より「腫れている」と感じたら、それは「小児鼠径ヘルニア」かもしれません。

また、小児鼠径ヘルニアは、出たり入ったりすることがあり、ママやパパが気がつかないこともあります。出やすい(見つけやすい)のは、
(1)泣いてお腹に力が入ったとき
(2)オムツ替えでいきんだとき
(3)お風呂に入ってリラックスしたとき
(4)歩きはじめたときです。
第一子の赤ちゃんでは、ママやパパも新米のため子育てに不慣れで、どうしても見逃すことがあります。できるだけ、子どもの体を確認する習慣を持つとよいでしょう。

赤ちゃんが「いつもより、よく泣く」様子が見られたら

小児鼠径ヘルニアでは、痛みが出ることが多く、赤ちゃんが頻繁に泣く様子が目立ちます。さらに、嘔吐をくり返すことも特徴の1つです。寝つきが悪くなり、眠りが浅い状態が続き、不機嫌な状態が増えるでしょう。

症状がごく初期であれば、ヘルニア部分(ふくらみ)はグニュグニュと軟らかく、指でそっと押すと元に戻ることがあります。そしてなかには、うまく収まって治ることもあります。しかし、稀な状況といえるでしょう。

小児鼠径ヘルニアは、戻ったり出たりをくり返すのが特徴です。そして、ヘルニアの症状が長く続くと、鼠径部(足の付け根あたり)が硬くなって、小腸(あるいは卵巣)が戻らなくなります。これは「嵌頓(かんとん)」と呼ばれる状態です。

嵌頓した症状が悪化すると、飛び出た腸などが締め付けられて、血行障害を起こすことがあります。また、ヘルニア部分が固くなると、手術などの処置が必要です。昔から「自然に治ることもある」と言われますが、放置するのは危険です。すみやかに、「小児科」や「小児外科」を受診に、専門医に相談しましょう。

原因のほとんどは「先天性」なもの

小児鼠径ヘルニアの原因の多くは「先天的」なものです。お母さんのお腹の中にいるときに、腹膜の一部が閉じられないまま生まれたことで、鼠径ヘルニアの症状が起こります。

男の子に多いのは、生まれる少しまえの過程に理由があるようです。「睾丸が陰のう内に降りてくる」プロセスで、陰のうといっしょに腹膜も引っ張られ、伸びたときにできた穴が、その後に自然に閉じられず、生まれてから「鼠径ヘルニア」が起こりやすくなります。

女の子の場合は、「ヌック管」と呼ばれる管が出産が近づくタイミングで降りてきます。すると、男の子と同じように腹膜が引っ張られて、伸びたときにあいた穴が閉じられずに、生まれてきたときに、小児鼠径ヘルニアを引き起こします。

「約30%」の子どもは、自然に治る

子どもが1歳未満であれば、自然に治ることが可能です。実際、小児鼠径ヘルニアの約30%は自然治癒しています。しかし、過度な期待は禁物です。鼠径部に「ふくらみ」を見つけたら、すみやかに「小児科」や「小児外科」を受診しましょう。

症状にもよりますが、年齢が1歳を超えていると、外科手術を検討することになります。手術は、「開腹手術」と「腹腔鏡手術」のいずれかによって行われます。どちらも、「ヘルニアのう」の根元を糸で縛り、小腸などが外にはみ出さないようにする処置です。

どちらの方法で行うかは、医師の説明をよく聞いて、相談して決めます。医療機関によっては、日帰り手術を行うところもあるようですが、一般的には2〜3日の入院が必要となるでしょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る