IT依存症を防ぐ「デジタルデトックス」とは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『IT依存症を防ぐ「デジタルデトックス」とは?』をご紹介させて頂きます。

もっと、現実の世界に触れよう

決められた時間や日数のあいだに、スマートフォン、パソコン、ゲームなどデジタル機器から離れる取り組みを「デジタルデトックス」といいます。これは「IT依存症」を防ぐために、今からでもできる効果的な行動の1つです。

スマートフォンの急速な普及は、私たちの生活に大きな変化を及ぼしています。便利になった一方で、インターネットの世界に必要以上にのめり込んで、日常生活に支障をきたす人が増えています。

そこで、「デジタルデトックス」を行うよう、学校や企業が呼びかけています。デジタル機器を数日間手放して、現実の世界に触れよう、自然の景色を眺めよう、人々と直接話をして、現実のコミュニケーションを楽しもう、とする動きが、アメリカをはじめ世界に広まっています。

「ファビング」ってなに?

アメリカでは、スマートフォンなどモバイル端末に熱中するあまり、現実の世界やそこで暮らす人々へ意識を向けられず、コミュニケーションが阻害される状況が、頻繁に見られることから「ファビング(phubbing)」という新しい言葉が誕生しています。これは、「phone(スマートフォンのフォン)」と「snubbing(無視する)を組み合わせた言葉です。

世界最大のスマホ・メーカーであるサムスン電子の母国である韓国では、スマホ依存症の急増化が深刻です。特に10代の若者のあいだでは、1日7時間以上の時間をスマホに費やし、スマホなしでは不安症や不眠症、うつなどの症状を示す子どもが増えているといいます。見かねた保護者がスマホを取りあげると、性格が衝動的になる、怒りをコントロールできなくなるなどの症状があらわれています。

最近多い「きずな依存」の人たち

お酒やギャンブル、買い物などにのめり込み、それがやめられず、自分の力だけではもうどうにもならない状態と同じように、IT依存者は「インターネットの利用が止められない」「メールやラインが気になって、スマホが手放せない」という状況にある人です。

日本でも「IT依存症」患者は、現在約421万人と推定されています。2008年、厚生労働省は「国内で約271万人がネット依存傾向にある」と調査結果を発表していますから、9年で約1.6倍に増えていることがわかります。

日本人は、平均して週に約49時間インターネットを利用している、というデータがあり、5人に1人は「3時間以上手放すことができない」と答えているようです。近年では、ソーシャルメディアやSNSへの依存が多いのが特徴です。それらのサービスを利用する時間が長く「きずな依存」と言われる症状です。

「3つの行動」から初めよう

自分はIT依存症ではない、と思っている人でも、食事中や人と話しているとき、ついスマホを触ってしまう、という人は「デジタルデトックス」がおすすめです。まずは、次の3つから始めてみるとよいでしょう。

<利用時間を確認する>
自分のスマホ利用時間を確認できるアプリがあります。デジタルデトックスの前に把握しておきましょう。「えっ、こんなに」と、思った以上に時間を使っていることに驚く人が多いようです。もし、8時間以上触っているようなら、スマホ依存といえるでしょう。

<利用しない時間帯を決める>
多くの依存症状に共通した考えですが、「いつでもできる状態」が依存症を作ります。したがって、スマホを触らない時間を決めておきましょう。仕事中、食事中、人と会っているとき、寝る前の1時間、などルールを作ります。1日のうちで「2時間を目安」にデジタルデトックスを行います。

<使っていないアプリを削除する>
スマホにインストールしているアプリは、どのくらい利用しているでしょうか。1ヶ月以上使っていないのであれば、今後も利用しない可能性が高いといえるでしょう。きれいに削除してはどうでしょう。しばらく利用していないSNSも退会してはどうでしょう。

スマホも自分も軽くして、できるだけ縛られない毎日を過ごしてみると、自分らしさがあらわれて、生活がもっと楽しめるような気がします。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る