なぜ、赤ちゃんの白眼はきれいなの?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『なぜ、赤ちゃんの白眼はきれいなの?』をご紹介させて頂きます。

人の第一印象は「眼」から

初対面のときに相手に抱く気持ちを「第一印象」といいますが、これはその後の人間関係を左右する大事な要素といわれています。皆さんにとって、第一印象を決めるうえでもっとも大事なところは、どこでしょう。

ある調査によると、約92%の人が「眼」と答えています。そして、そのなかでも、印象をよくする眼は、「ぱっちりした眼」や「強さのある眼」をおさえて、第1位に「赤ちゃんのようなきれいな眼」が選ばれています。

赤ちゃんは「汚れたもの」を見ていない!

赤ちゃんの眼は、どうしてあんなにきれいなのでしょう。透き通るような白眼に、キラキラ輝く黒眼がそっと浮んでいるようです。それは「純粋で汚れたものをまったく見ていないから」とよく言われます。きっと、その通りだろうとも思います。だって、あのピュアの瞳で見つめられると、どんなときでも優しい気持ちになるからです。

自分にもこんな瞳をしていた頃があったのかしら。きれいな白眼に帰りたい、と思います。そして、あのきれいな眼には、医学的な理由もあるのです。

たくさんの涙が「汚れ」を洗い流すから

赤ちゃんは、無菌状態で生まれてきます。そして、外の世界に住む多くの細菌と出会いながら、少しずつ抵抗力を身につけていきます。生後約6ヶ月は、ママから免疫力をもらって免疫の準備を進める期間です。

準備のあいだ、赤ちゃんの体はさまざまな工夫をして、細菌やウイルスから自分の体を守りです。その代表が「母乳」です。母乳には、免疫力を高める物質「免疫グロブリン」が含まれています。母乳を飲むことは、栄養補給とともに、感染症対策にもなっています。

さらに、細菌が眼から侵入しないよう、赤ちゃんの眼は、頻繁に涙で眼球を洗い流しています。赤ちゃんの眼に目ヤニが多くみられるのは、そのためです。たくさんの涙で眼を洗浄しているので、赤ちゃんの眼はいつもきれいで輝いています。

眼のなかの「ブドウ」が透けて見えるから?

人間の眼球の外壁は、
(1)強膜
(2)ブドウ膜
(3)網膜の3つの層からできています。
いちばん外側にある「強膜」は、厚さ約1mmの白い不透明な膜で、いわゆる「白目」といわれる部分です。

白目の内側には、「ブドウ膜」といわれる層があります。色や形がブドウに似ていることから名付けられています。赤ちゃんは、強膜が大人にくらべて、まだ薄く、内側にあるブドウ膜が透けてみえます。薄い強膜のやや透明な白色と、ブドウ膜のブドウ色(日本人は褐色)が重なって、赤ちゃんの白眼がきれいに見えるのです。

「赤ちゃんのような眼」になりたい

赤ちゃんは白眼がきれいだから、黒眼もくっきり美しく見えます。大人でもあのような眼に戻ることはできないのでしょうか。白眼が濁るいちばんの原因は、疲れ目です。現代では、仕事や勉強でもパソコンを使い、スマートフォンを毎日ながめる生活が習慣化しています。

パソコンやスマートフォンから発生されるブルーライトは、紫外線の次に高いエネルギーを持ち、瞳にかかる負担は相当なものです。毎日長時間ブルーライトを浴びた瞳にはダメージが蓄積され、やがて白眼が濁ってくるでしょう。

適度に休憩する、
(1)パソコンなどの使用時間を減らす
(2)ブルーライト対策用のメガネを使う
(3)スマートフォンにブルーライト対策用フィルムを貼る
などの対策を行いましょう。人は第一印象で、まず眼を見るといわれています。きれいな白眼は、人と人とのよりよいコミュニケーション作りに、きっと役立つことでしょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る