突然発症する「後天性アレルギー」について

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『突然発症する「後天性アレルギー」について』をご紹介させて頂きます。

先進国では、アレルギーが問題に!

現代は、じん麻疹、鼻炎、気管支ぜん息、皮膚炎、結膜炎、食物、アナフィラキシーなど、アレルギー性疾患に悩む人が大勢います。欧米や日本など先進国では、アレルギーによる健康課題は深刻化しています。文明化とアレルギーは密接な関係があるとする考えもあるくらいです。

日本人について言えば、本来の体質と異なる生活環境が増えたことで、アレルギーが急増していると考えられています。食事の西洋化、密閉性の高い住居など生活環境の変化は、近年になって体質に影響が出てきているのでしょう。

今や「2人に1人」がアレルギー患者

厚生労働省が行った全国患者調査によると、日本で暮らす人の約2人に1人は、何らかのアレルギー性疾患にかかっているといいます。そしてその数は、年々増加傾向にあるとの報告が出ています。

厚生科学審議会のリウマチ・アレルギー対策委員会は、国民の約40%以上の人がアレルギー性鼻炎花粉症)に、約10%の人はアトピー性皮膚炎にかかっていると推定しています。また、食物アレルギーを発症している人は、最近の10年間でほぼ倍増しています。

体を守る「免疫」と「アレルギー」の関係

アレルギーは人間が自分の体を守る「免疫」のバランスが崩れて、過剰な免疫反応が生じたことで起こります。免疫とは、体に侵入しようとする細菌やウイルスなどの「抗原(自分とは違う異物)」を撃退して体を守る防御機能です。

もしも抗原が体内に入ったときは、体から追い出すために、体は「抗体」という物質を作って抗原を排除しようとします。ところが免疫機能がバランスを崩すと、特定の花粉や食物などを抗原と判断して、くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、ぜん息、発熱、じん麻疹、皮膚炎など過剰な反応を示すことを「アレルギー反応」といいます。

特定の花粉・食物・ほこり・カビ・ダニ・動物の毛など、アレルギーの原因となる物質を「アレルゲン」といいます。

リンゴやバナナで、アレルギーに?

今まで普通に触れていたもの、普通に口にしていた食べ物が、大人になってから突然「アレルゲン」となり、アレルギー反応が出ることがあります。これは「後天性アレルギー」と呼ばれる現象です。

特に最近では、後天性の食物アレルギー(フードアレルギー)にみまわれる人が増えているようです。大人になってから発生するアレルゲンは、(1)果物、(2)小麦、(3)甲殻類が多いと言われています。一般的には、アレルゲンとして考えにくい、リンゴ、桃、サクランボ、アボカド、栗、バナナによって、アレルギー反応が起こります。

食べて「数週間して症状が出る」こともある

後天性の食物アレルギーでは、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、皮膚のかゆみ、口内のイガイガ、呼吸困難、胸痛、腹痛など、食べてすぐに症状があらわれるものと、数時間から数週間後に症状があらわれる「遅延型アレルギー」が特徴です。

食べてからだいぶ経って、
(1)頭痛、
(2)めまい
(3)不安感
(4)倦怠感
(5)皮膚炎
などが起こります。時間が経過しているため、アレルギーの判断や食べ物の特定は難しく、そのため放置されることで、原因不明の体調不良に悩まされることがあります。

好物が「ある日突然、アレルゲン」に!

好物で頻繁に食べていたものがアレルゲンに変わるケースもあります。
(1)同じ食べ物を続けない
(2)甘いものを食べ過ぎない
(3)ストレスを溜めない
といった注意で、後天性アレルギーが予防できます。

どのような食物にアレルギー反応が出るかは予測できません。好きなものをこれからも安心して食べ続けるには、数日おきに食べるなど、ほどほどが大事です。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る