意外と知らない「中性脂肪」と「脂肪」の違い

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『意外と知らない「中性脂肪」と「脂肪」の違い』をご紹介させて頂きます。

中性脂肪と脂肪はどう違う?

美容においてはもちろんですが、健康にも、特に生活習慣病の予防には「中性脂肪を減らすのがいちばん」と言われます。中性脂肪といえば、豚肉や牛肉についた白い脂身ですが、私たちにとっても「中性脂肪」とはいったい何でしょう。「脂肪」とどこが違うのでしょうか。

脂肪というのは、体内のすべての脂肪を指す呼び名です。最近では「体脂肪」という言い方をすることがあります。したがって、中性脂肪は体脂肪の1つということになります。

体脂肪の「約90%」は中性脂肪

人間の体脂肪は、(1)中性脂肪、(2)脂肪酸、(3)コレステロール、(4)リン脂質の4つに分類されます。そして、体脂肪の約90%は「中性脂肪」です。したがって、脂肪とは、中性脂肪のことを指しているといえるでしょう。

中性脂肪は、「悪者」のイメージがありますが、人間の体を動かすための大事なエネルギー源となる物質です。アルカリ性と酸性の中間の性質をもっているために「中性脂肪」と呼ばれています。

運動などによって燃焼され、消費されるのが特徴です。健康診断では「TG」と表記されていますが、それは中性脂肪の別名である「「トリグリセリド(Triglyceride)」を略した表現です。

なぜ、中性脂肪は溜まるのか?

私たちが食物から摂取した脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、まず生命維持活動(心臓の動きや呼吸など、生きるために必要な機能)に利用されます。

そして、余ったエネルギーは肝臓などに中性脂肪として蓄えられます。蓄えられた中性脂肪は、お腹が減ったり、激しい運動のあとなどエネルギーが不足したときには、血液を通して体内に戻され、利用されます。

血液検査で「TG(中性脂肪)が高い」と指摘されたときは、血液中に中性脂肪の量が増えすぎている状態です。そして皮膚の下についたり、内臓のまわりについたりすると、皮下脂肪や内臓脂肪などなって、美容や健康の天敵に変わります。

また、脂質が多く含まれている食事を摂り過ぎると、中性脂肪が肝臓に溜まり過ぎて「脂肪肝」という病気にかかります。さらに、生活習慣病を引き起こす原因となるでしょう。

溜まりやすいけど、使われやすい

皮下脂肪や内臓脂肪は、エネルギーが余った際に中性脂肪が溜まりやすいのですが、一方でエネルギー不足のときには使われやすいという特徴もあります。その特徴を活かして、中性脂肪の減少には「適度な運動を行う習慣」がすすめられています。

脂肪は、体を冷やさない、内臓を守るなどの働きがありますが、過剰な脂肪(中性脂肪)はメタボリックシンドロームなど健康を害することにつながります。

バランスのとれた食事と適度な運動に、少しでも気をつけるだけで生活の快適さはだいぶ違ってくるでしょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る