正しい帽子と日傘の選び方

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『正しい帽子と日傘の選び方』をご紹介させて頂きます。

最近は日焼け止めだけではなく、ファッションとして帽子や日傘なども取り入れていらっしゃる方が増えてきました。しかし、用途を考えて購入しないと、思ったような効果が得られないことも。今日は、自分にあった帽子や日傘の選び方をご紹介いたします。

色では決められない紫外線予防

どなたでもご存知なのは、白色は光を反射して、黒色は光を吸収するということ。なので、夏場は白い服を着るほうが涼しい感じがします。
では、あなたが望むのは「暑さしのぎ」なのか「紫外線予防」なのかということです。
熱中症対策や暑さ防止なら、間違いなく白色でしょう。また、髪の毛にとっても、黒は光を吸収するので暑いです。蒸れてもきます。髪の毛にとってはよくありません。
しかし白色の可憐な綿レースなどは、紫外線予防にはまったくなりません。麦わら帽子もどちらかというと暑さ対策です。お子さんや高齢の方には必需品です。
じゃあ、黒色にするわ…ということでもないのです。はあ?どういうこと?って思われたと思います。実はその帽子や日傘などにUV加工がしてあるかどうかなんです。もし白色でもUV加工がされていれば、黒色と効果はほとんど変わりません。
反対にいろいろな色が入っている場合、全てにUV加工が施されているかどうかは、メーカーに聞いてみないとわかりません。不安な方はお店の方に聞くのがいいでしょう。
つまり、白か黒かということではないようです。

帽子の選び方

最近は、折りたためる帽子の種類が増えて、おしゃれな帽子も出てきています。
今まではどうしてもおばさんの帽子と思われがちでしたが、キャンプやアウトドアで過ごすことも多くなったり、UVに気をつけたりする方が増えたので、様々なタイプの帽子が増えています。
女優帽とよばれるものは、つばが前後に大きいので、実はオススメ。キャップタイプで麦わら帽子タイプもありますが、やはり、夏場はつばが前後にある方がいいでしょう。
涼しさ一番であれば、やはり麦わらや綿のものがオススメです。麻は涼しいようで、生地の目が詰まっているものは、案外風通しが悪いので、粗い生地のものを選ぶほうが無難です。
UVを一番に考えるのであれば、とにかくつばの大きなもの、また後側にもあるものが良いですね。そして、UV加工がしてあること。なかなか100%のものは種類が少ないですが、90%以上のものを選ぶようにしましょう。そして、頭は蒸れることも考えて、白っぽいものの方が光を吸収しないので髪の美容にはいいと思います。黒っぽい日傘との併用で紫外線予防の万全を記してください。

日傘の選び方のポイント

暑さ対策なら、雨傘でもいいのです。多少は役立ちます。しかし、しっかりとした紫外線予防であれば、厚めの生地、UV加工をしているもの。そして、裏が黒いものがオススメです。アスファルトなどの照り返しは、傘の内側に当たって、お顔などに直撃しています。最近では内側がグレーになっている傘も多く見られます。おしゃれに穴あきの日傘などは、そこからどんどん光が入っていますので、UV対策にはなりません。デザインはちゃんと考えた方がいいですね。
日傘は、室内に入るとたたんで持ち運ぶものです。携帯に便利なのも大切なこと。でも、あまり薄くて軽いものはUV効果も少ないので、その辺りは兼ね合いですね。長い傘はサイズも大きいので、体全体を覆うことができオススメです。折りたたみより、持ちやすく、さしやすいこともあるので、1本は持っておくと便利です。
また、UV加工は2、3年で効果がなくなるといいます。その辺りで買い替えを考えたほうがいいようです。2、3年後にはもっと進んだ日傘になっていることもありますから。

帽子と日傘で万全の紫外線予防をしましょう。熱中症対策としても効果のある日傘と帽子。UV対策をしつつ、おしゃれもしてお出かけしてみませんか?

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る