角栓とニキビは洗いすぎによって悪化

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『角栓とニキビは洗いすぎによって悪化』をご紹介させて頂きます。

角栓とニキビは、オイリー肌の方だけがなると思ったら大違い。実は乾燥によるものもあります。どちらも洗いすぎによって自ら脂分を作り出し、角栓やニキビになっていることも。あなたも角栓とニキビの間違った対処法をしていませんか?

角栓ができる理由

角栓は老廃角質と皮脂からできています。そして実は外部からの雑菌などから、毛穴内部を守るためにある蓋のようなものなのです。正常であれば、ちょっとずつ生成されて、顔を洗ったり、自然の作用で、勝手に取れていくものなのですが、わざわざ角栓を取ってしまうような行為をすると、空いた毛穴の中に雑菌が侵入して化膿したり、ニキビを作ってしまったりしてしまいます。
体が作るものに不必要なものはないという言葉があります。気持ちがいいからと市販のパックなどで取ったり、角栓を取る棒などでゴシゴシ取ってみたり、指で押して取ったり、根こそぎ角栓を取っていませんか? なくなったら、当然作ろうと思うのが健気な体のシステム。
取れば取るほど、どんどんできてきて、追いかけごっこになってしまいます。
また、洗顔で、ゴシゴシ洗ったりしていませんか? 必要な皮脂まで落としてしまっているかもしれません。そしてまた、体は皮脂をどんどん作り始め、老廃角質と一緒になって角栓がまたまたできてしまうという悪循環になっているかもしれません。

アクネ菌は皮膚常在菌

ニキビの根本原因とされるアクネ菌。実はこれらの表皮に生息する菌類(アクネ菌や表皮ブドウ球菌)などは、私たちの健康を維持するのに非常に重要なものなのです。
皮膚常在菌は、皮脂を分解して脂肪酸を生成、皮膚表面を弱酸性に保ってくれたり、天然の保湿成分(NMF)などを作り出してくれているのです。
私たちに悪さする菌の多くはアルカリ性で活性化するため、弱酸性のところでは生息できません。皮膚常在菌は、私たちの肌を弱酸性にすることによって、天然の殺菌をしてくれているわけです。
なので、ニキビができたから、憎しアクネ菌とばかりに、殺菌を謳い文句にしているような化粧品を使い続け、洗顔をし続けると、天然の保湿もなくなり、「皮脂がない」と感じた体は、またどんどん、皮脂を生成してしまうのです。

今ある肌トラブルはほとんどが洗顔のしすぎかも…

乾燥肌なのに、大人ニキビができた、Tゾーンの毛穴が目立っているなど、実は洗顔のしすぎによることが多いのです。
例えば冬場手荒れに悩んでいる方、忙しくてあまりトイレに行けなかった、今日はあまり家事をする時間がなかったという日、手荒れが少し解消していませんか? 手荒れも手を洗うことを減らすと、すっと症状が和らぎます。
年配の肌の綺麗な方のお話を伺ったところ、顔を洗ったことがないとか。化粧はコールドクリームを使って、ガーゼで拭き取っているそうです。家に洗顔石鹸というものはあったことがないそうです。朝はお水がぬるま湯で洗うだけだとか。
私は、W洗顔と言われた時代に育ったので、なんだか、汚くないのかなあと思ったりしていました。しかしW洗顔のデメリットが言われ出して、改めてその方のことを思い出しました。いろいろな肌のタイプの方がいらっしゃるので、こうでなくてはというものはないでしょうが、洗顔のしすぎは、余計な肌のトラブルを招くようです。

ニキビ専用のスキンケアは、ニキビができなくなるので、神様のような存在に思えるかもしれません。しかし、長期使用するべきものではありません。自らの肌バリアの回復のためにも、落ち着いたら、普通のスキンケアに戻しましょう。洗顔も、急にしなくなると、体がびっくりするらしいので、ゆっくり強→弱洗顔にしていくのがコツだそうです。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る