子供がかかりやい「中耳炎」と「外耳炎」の違い!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『子供がかかりやい「中耳炎」と「外耳炎」の違い』をご紹介させて頂きます。

耳は「3つ」の構造

人間の耳は、役割や構造から「外耳」「中耳」「内耳」の3つに分けることができます。いちばん外側にあり、ふだん私たちが耳掃除をする場所は外耳です。そして奥に向かって、中耳、内耳とつながります。

<外耳>
外耳は「耳介(じかい)」と呼ばれる顔の横にある貝殻のような形のいわゆる「耳」から、「外耳道(耳の穴)」を通って「鼓膜」までの範囲です。耳介で音を集めて鼓膜へと導くのが主な働きです。

<中耳>
中耳は、入ってきた音の振動を鼓膜で受け止めて、耳小骨(じしょうこつ)で増幅しながら、さらに奥にある内耳へと伝える場所です。なかは空洞です。高層ビルのエレベーターを使ったとき、飛行機に乗ったときなどに耳がつまるのは、中耳のなかの気圧と外の気圧に差が生じているからです。

<内耳>
内耳は、耳の構造のうち、もっとも奥にあります。複雑な形をした管が合わさった構造で、増幅された振動を電気信号に変えて神経や脳に伝えています。体のバランスに関係する「三半規管(さんはんきかん)」は内耳にあります。

痛い外耳炎、発熱がある中耳炎

耳のトラブルで、一般的に炎症を起こすのは「外耳」と「中耳」です。外耳炎は鼓膜より外側に、内耳炎は鼓膜より内側に起こる炎症です。どちらも、
(1)耳が痛い
(2)熱が出る
(3)耳から膿が垂れる
(4)音が聴こえにくい    
などの症状が起こります。しかし細かい違いもあり、また原因は異なります。

<外耳炎>
外耳炎は外耳道(耳の穴)に炎症が起きる病気です。原因のほとんどは、耳掃除で耳のなかを傷つけたことによるものです。特に小さな子供は、皮膚が弱く傷がつきやすいため、耳掃除の回数が多いと外耳道を痛めることになります。痛めた傷が、かゆくなって掻いてしまうことでやがて炎症が起こります。
主な症状は、耳の痛みとかゆみです。どちらも、ときに激しくなることがあります。症状が進むと化膿して、黄色や白っぽい耳垂れが見られます。人によってはこのときに出血するこがあります。
耳の痛みは、軽く触れただけでも苦しく、赤ちゃんなら泣きだすでしょう。子供が、耳を気にする仕草を見せる、耳に触れると泣く、耳の穴から異臭がする、などの症状があらわれたときは外耳炎の疑いがあります。大人が気づいてあげましょう。

中耳炎
中耳炎は内耳に細菌やウイルスが入り、感染することで起こります。中耳炎の原因の多くは風邪です。細菌やウイルスが混ざった鼻水が、くしゃみや咳をした際に耳管を通じて耳に流れて感染します。
小さな子供に中耳炎が多いのは、耳管が大人にくらべて太く短く、そのため鼻からウイルスなどが感染しやすいためです。また、子供が中耳炎をくり返す傾向が強いのは、これも耳管の構造が原因です。
中耳炎の治療では、膿を耳管から鼻に完全に流すことが大事ですが、子供の耳管は傾斜が少ないため、膿が流れにくく一部残ったままになることがあり、放置されて中耳炎を再発するケースが多くあります。しかし子供が7~8歳になると、耳管は発達して、こういった事態は改善されるでしょう。

早期に発見すると治療が簡単

子供が「耳が痛い」「耳がかゆい」と言ったり、耳をよく触るような様子が見られるときは、すみやかに耳鼻科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。初期(軽症)の外耳炎は自然治癒することがありますが、その判断は必ず医師に任せます。

外耳炎の治療は、一般的には外耳道の消毒、軟膏の塗布、抗生剤の内服によってほとんど治ります。軽症でも痛みがあれば治療が必要です。中耳炎の治療は、鎮痛剤やステロイドの点耳薬で症状を緩和させるのが基本です。炎症の原因が細菌であるときは、抗生剤が使用されます。
どちらも早期に発見すると治療が簡単ですみます。しっかりとした診断を受け、適切な治療を受けましょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る