身長は遺伝します!でも食事と運動で改善できる!?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『身長は遺伝します!でも食事と運動で改善できる!?』をご紹介させて頂きます。

背が高い両親を持つ人は、背が高いような気がしませんか? その「感じ」は正しくて、身長は遺伝するのです。しかし一方で、背が低い家系を持つ人に、背が高い人がいるのも事実です。つまり、身長は「遺伝だけで決まらない」ともいえるのです。
そこで「そもそも遺伝とは」について解説し、さらに「身長を伸ばすには食べ物が重要」というお話も紹介します。
387603

身長と遺伝の有名な公式

まず紹介したいのは「身長の公式」です。次の計算をしてみてください。
◆あなたが男性の場合=(父親の身長+母親の身長+13)÷2
◆あなたが女性の場合=(父親の身長+母親の身長-13)÷2
これはかなりの確率であてはまるのではないでしょうか。この公式は「父母の身長が子供の身長に影響する」ことを意味していて、これが「身長は遺伝によるところが大きい」ということです。
専門家たちの見解では、身長は80%の確率で遺伝すると考えられています。
402613

体が「パソコン」だとすると細胞は「USB」で、DNAは「エクセル」

そもそも遺伝とはなんなのでしょうか。遺伝とクローンは何が違うのでしょうか。遺伝の最大の特徴は「似たものができるが、まったく同じではない」ということです。一方のクローン技術は、まったく同じものを作ることを目指しています。
つまり「この子は親の遺伝を強く受け継いでいる」と言った場合、「親のコピー人間」という意味ではなく、「ものすごく親に似ている人」という意味になります。

では次に、親の特徴が子供に遺伝するメカニズムをみてみます。「パソコン」と「USBメモリー」と「エクセルの表」を使って説明してみます。
Aさんが自分のパソコンで、エクセルの表を作ったとします。Aさんはそのエクセルの表をUSBメモリーにコピーして、Bさんに渡しました。Bさんが自分のパソコンにUSBメモリーを差し込み、その中のエクセルの表を立ち上げると、Aさんが作ったものと同じ表が現れます。これで「遺伝完了」です。

遺伝は完了しましたが、この状態でもAさんのパソコンとBさんのパソコンは異なるパソコンです。USBメモリーを使って何度も何度もデータのやり取りをすると、AさんのパソコンとBさんのパソコンはとてもよく似てきますが、それでも別のパソコンです。これが「遺伝はしてもまったく同じ人間になるわけではない」という意味です。
パソコンが「人の体」だとすると、USBメモリーが「細胞」で、エクセルの表が「DNA」です。親の「細胞」を子供が引き継ぐことによって「似た性質」になるのですが、それは「細胞」内の「DNA」が子供に移ったことで生じる現象なのです。
そしてDNAの中には「身長が高いDNA」と「身長が低いDNA」が存在するので、身長は遺伝するのです。

残りの20%にかけろ! 食べ物で身長は伸びる

先ほど「身長が遺伝する確率は80%とみられている」と述べました。つまり残りの20%は、遺伝以外の要素で決まるのです。「もっと身長を伸ばしたい」と思っている人は「20%しかないのかあ」と思うかもしれませんが、しかし「20%」はあきらめるにはもったいない大きな数字といえます。
身長を伸ばすには、食生活の改善と運動が効果的であるとされています。
072927

カルシウムではなくタンパク質を

「身長が伸びる」とは「骨が伸びる」ということです。このように聞くと「じゃあカルシウムを大量に摂ればいいのか!」と考える人は少なくないと思います。しかしそれは30点の解答です。カルシウムは骨に重要な影響を及ぼしますが、骨を伸ばす「材料」にはなりません。
骨の材料はタンパク質です。ではカルシウムは骨に何をしているのかというと、骨を固くしているのです。
砂の城を想像してみてください。砂の城はもろいので、大きな城を作ろうとすれば、水をかける必要があります。カルシウムは、砂の城における「水」の働きをします。しかし水をかけても砂の城は大きくなりません。砂の城を大きくするためには、材料である砂を大量に集めてこなければなりません。タンパク質は砂なのです。骨の材料はタンパク質なのです。

牛乳は「△」、マグロ・チーズ・牛肉が「◎」

カルシウムといえば牛乳ですが、牛乳にはタンパク質がそれほど含まれていません。タンパク質が多く含まれている食材は、マグロ、チーズ、牛肉です。食材とタンパク質の量の違いは次の通りです。

食材 タンパク質の量(100g中)
マグロ 28g
チーズ 22g
牛肉 20g
牛乳 3g

 
041694

ジャンプ、体反らし、そして睡眠

タンパク質を多く摂るだけでは、骨はあまり伸びません。骨をグンッと伸ばすには、運動が欠かせません。バスケットやバレーボールの選手に背が高い人が多いのは、ジャンプをすることが身長を伸ばすのに効果的だからです。ただ、ジャンプだけでは足りず、体を反らしたり延ばしたりする運動を加えると、骨は成長しやすいといわれています。
また「寝る子は育つ」という格言は、科学的に証明されています。骨の成長を促す成長ホルモンは、夜寝ているときに働くのです。そして日中の運動は、成長ホルモンの量を増やす働きがあるのです。なので、昼間走り回って成長ホルモンを増やし、夜にぐっすり眠って成長ホルモンを活発にすると、身長が伸びるのです。
身長は遺伝によるところが非常に大きいのですが、日常生活を見直すことでも伸ばすことができるのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。