{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

お知らせ

情報が登録され次第表示されます

アピールポイント

気管支喘息の治験を行っています。ご希望のかたは受診時に院長にお伝えください。詳細を説明いたします。

診療案内

待合室と受付

気管支喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・結膜炎等のアレルギー疾患をトータルに診療いたします。
また、ふだんの風邪から肺気腫等の呼吸器疾患の診療・在宅酸素療法・禁煙指導、そして地域の皆様の生活習慣病の診療をいたします。

内科
生活習慣病
・糖尿病
糖尿病は、自覚症状があまり無く、治療を受けていない人も多いと言われています。しかし症状が出なくても、糖尿病は徐々に進行し、恐ろしい合併症を引き起こす場合があります。糖尿病は一度なってしまうと、治すことはできません。適切な血糖コントロールを行い、食生活を改善し、糖尿病と上手につきあうことが必要です。検診で血糖値が高い言われた際には、一度、受診することをお勧めします。
・高血圧
血圧とは、心臓が血液を全身に送り出す際の圧力のことであり、この圧力が基準値以上の状態が続く状態を高血圧といいます。高血圧の自覚症状としては、頭痛、めまい、肩こり、むくみ、動悸などが挙げられます。しかし、自覚症状がなく、知らないうちに高血圧が進行し、気づいたときには心筋梗塞や腎不全などの合併症を起こしてしまうことがあります。高血圧の怖さは、こうした合併症を起こしてしまうことにあります。
・高脂血症(脂質異常症)
高脂血症は、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多すぎる病気のことをいいます。高脂血症は、高脂血症だとはっきりわかる自覚症状がないため、症状だけで高脂血症を早期発見することは難しいです。しかし、高脂血症を放っておくと、増えた脂質がどんどん血管の内側にたまってしまい、そして知らないうちに体の血管が傷ついてしまい、動脈硬化を引き起こす恐れがあるため、定期的に病院での健診(健康診断)を受けることが重要です。

呼吸器科、アレルギー科
喘息・小児喘息(小学生以上)
呼吸器アレルギー疾患
COPD
在宅酸素療法
禁煙指導 
アトピー性皮膚炎
アレルギー性鼻炎
花粉症 など

気管支喘息
  気管支喘息の治療は気道炎症を抑える吸入ステロイド薬と長時間作動型気管支拡張薬を組み合わせて行っています。 
  
COPD
     主に喫煙が原因となって発症します。現在の治療は抗コリン薬の吸入、長時間作動型気管支拡張薬、病期により、吸入ステロイド薬を併用します。 

治験について
治験にとは?
製薬メーカーが開発した治療効果のある薬剤を医薬品(お薬)として病院等の医療施設で使ってもらったり、薬局で販売してもらう為には、事前に、厚生労働省に承認、認可してもらうことが法律で義務づけられています。
その為には、承認前の薬剤(医薬品候補)を、実際に、患者や健康な人に投与することにより、安全性(副作用の有無、副作用の種類、程度、発現条件など)と有効性(効果、最適な投与量・投与方法)を確かめる必要があります。
この、「新薬開発」の為の「治療を兼ねた試験」のことを「治験(ちけん)」と言います。

基本情報

医療機関名称
医療法人社団 飛越会 沖クリニック
所在地
〒187-0024 東京都小平市たかの台43-6 ウェリントンズビル1F
電話番号
042-348-8282
交通手段
・西武国分寺線「鷹の台駅」徒歩1分
・JR武蔵野線「新小平駅」徒歩20分
診療時間
診療時間
09:00~12:00
15:00~19:00
休診日:木曜日・日曜・祝日
《掲載内容について》
こちらの内容はティーペック株式会社より提供された情報を利用しています。正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。

医師紹介

院長・医学博士 沖 和彦
専門医資格
得意分野
東京都小平市で内科・呼吸器科・アレルギー科の診療をしているクリニックです。 気管支喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・結膜炎等のアレルギー疾患をトータルに診療いたします。また、ふだんの風邪から肺気腫等の呼吸器疾患の診療・在宅酸素療法・禁煙指導、そして地域の皆様の生活習慣病の診療をいたします。
保有資格
・日本内科学会認定内科医
今から診察してくれる近くの内科