視神経炎シシンケイエン

視神経炎はどんな病気?
視神経炎とは、目に痛みなどが発生し、目が正常に機能しない病気のことです。このため、このような症状が起きた場合には失明などの危険性もあるために、速やかな治療を行う必要があります。また、原因などが不明なことも多くあるために、対策が難しいことでも有名ですが、このような症状になった場合には放置しておくと危険なために眼科に行って治療をしてもらう必要があります。


視神経炎の症状
視神経炎とは、眼球の後方にある視神経に炎症がおきるものです。主な症状としては、片眼性に進行する視力低下があります。また、眼球に痛みを伴う場合が多いです。全身の神経の多発生、再発生の炎症の初期の段階であらわれる場合もあるので注意する必要があります。原因はよくわかっていません。比較的急速に進行します。見たい部位が見えない中心暗点を示す場合もあります。

視神経炎の原因
視神経炎の原因は、髄鞘の炎症によるものです。視神経の周囲は、髄鞘と呼ばれる組織で囲まれています。この髄鞘が炎症を起こすことにより本来の機能を果たさなくなり、視神経の機能に問題が起こります。しかし、髄鞘の炎症の要因の特定は未だされていません。何らかのウイルス感染か、あるいは、自己免疫の問題により引き起こされると推定されています。

視神経炎の検査と診断
急性期には眼底検査で視神経乳頭の腫脹が認められることが多いが、炎症が眼球よりも後方の視神経に限られている場合は眼底は通常の所見を示します。視神経炎を見つける検査方法は画像診断です。頭部のMRI検査が有効で、眼球後方の視神経の腫大や高信号、造影効果などとして描き出されます。球後痛は重要な自覚症状なので、速やかに診察を受けるべきです。

視神経炎の治療方法
視神経炎の治療法は、決定的なものというのはまだ完全に開発されているわけではありません。基本的にはステロイドなどの処方によってある程度和らげることができるということが知られていて、まずhがそのステロイドの投与による治療が行われます。そして経過を見ながら、後遺症が出たりしないかどうかを確認しつつ、それを補助することがメガネ他でできないかどうかを検討します。

視神経炎の初診に適した診療科目

視神経炎の専門外来

関連部位から他の病名を探す

視神経炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ