肘内障チュウナイショウ

肘内障はどんな病気?
肘内障とは、2~4歳くらいの小児にみられる症状で、輪状靭帯から橈骨頭が逸脱したものです。よく起こるもので、関節脱臼とは異なるものです。肘が抜けたと言われるものです。手を引っ張ったり、ひねったりした時に、突然起こります。成長とともに、起こることはなくなります。腕を動かすと痛がりますが、整復されれば、すぐに元に戻り、動かすことが出来ます。


肘内障の症状
肘内障の症状は、橈骨頭の亜脱臼または完全脱臼が一時的に起きることによって起こります。腕をまるで麻痺したのかのようにダラリ垂らしたまま動かそうとせず、腕は内側に向いてしまいます。また、肘を曲げることもできなくなります。そして、痛みを伴うため、触れようとすると嫌がり泣き出してしまいます。しかし、関節が腫れて赤くなったりすることはありません。

肘内障の原因
肘内障は乳児期の小さな子供がよくなりやすい病気です。原因は子供同士のじゃれあいや喧嘩などです。腕を強く引っ張られたり、転倒した際顔を打ちつけないように手で衝撃を受け止めた際などに発生します。乳児期の子供は親がいなければ何をするのかわかりません。なので、大人がちゃんと子供に怪我がないように見てあげる必要があり、それが怪我を防ぐ一番の方法です。

肘内障の検査と診断
肘内障の検査方法としては、まずは幼少児に起こる病気となっていますので、そのことを踏まえて検査する必要があります。まずは、骨折といったようなことや脱臼といったようなことではないかを調べるためにも、X線で検査をする必要があります。そして、症状を詳しく聞くことが検査の方法となっていますので、幼少児から症状を聞く必要があります。

肘内障の治療方法
肘内障の治療法は、徒手整復です。医師が素手で亜脱臼の部分を治すことになります。治療できたかどうかは、医師が判断しますが、大抵のケースにおいては当事者が治ったことを把握することができます。ちなみに個人的に腕や手を利用して治すことも可能ですし、整体師の力を借りて治すことも可能ですが、一般的には医師に任せたほうが問題が起きにくいです。

肘内障の初診に適した診療科目

肘内障の専門外来

関連部位から他の病名を探す

肘内障に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ