乳腺線維腺腫ニュウセンセンイセンシュ

乳腺線維腺腫はどんな病気?
乳腺線維腺腫とは10代後半から30代ぐらいまでの若い女性にできやすい良性乳腺腫瘍です。
思春期以降に発症することがほとんどのため、卵巣ホルモンの影響があると考えられています。しこりは乳がんと比べて柔らかく、乳腺の中でコロコロと動くのが特徴です。
触診だけでは乳がんとの区別がわからないためにマンモグラフィーや超音波検査を行います。
経過観察が原則ですが、大きくなった場合は摘出手術をすることもあります。


乳腺線維腺腫の症状
乳腺線維腺腫の症状としては、乳房に1~3cmほどの円形のしこりができます。押しても痛みはなく、周囲との境界がはっきりしています。触ってみるところころとよく動くのが特徴です。
若い女性に多く発症しますが、しこりが急激に増大することはなく、閉経後に自然にしぼんでしまうことが多くあります。乳腺線維腺腫はがんに進行することはありません。

乳腺線維腺腫の原因

乳腺線維腺腫の原因はまだよくわかっていません。良性腫瘍に分類されることが多いのですが、この病気は腫瘍ではなく、正常な細胞が過剰に増えてできたものです。
思春期以降に発症することが多いので、卵巣ホルモンが何らかの発症原因になっていると考えられます。



乳腺線維腺腫の検査と診断
乳腺線維腺腫は、乳ガンと同じように痛みを伴わない乳房瘤として発症します。ただ、乳ガンに比べたら軟らかく、弾力性があるといわれていて、触診だけで診断することは難しいです。
そのため検査方法としては、乳ガンと区別するためX腺撮影・超音波検査・細胞診検査を行い、さらに正確な診断を可能にするためには、針生検を行います。
まれに、線維腺腫を切除して病理検査を行わなければいけないこともあります。

乳腺線維腺腫の治療方法

細胞診の結果、線維腺腫とはっきり診断され、しこりが概ね3㎝以下の場合は、治療の必要はありません。経過観察をします。
腫瘍が乳房の見た目に影響を及ぼすほど大きかったり、短期間で急速に大きくなったりした場合や葉状腫瘍が疑われる場合などは、手術を行い切除することが多いです。
切除が必要になった場合は、手術創が目立たないように乳輪切開、乳房下切開などの方法が用いられます。

乳腺線維腺腫の初診に適した診療科目

乳腺線維腺腫の専門外来

乳腺線維腺腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ