前立腺炎ゼンリツセンエン

前立腺炎はどんな病気?
前立腺炎は、尿道から大腸菌などの細菌が入り込む事によって、前立腺が充血して腫れる状態になる病気です。急性のものと慢性のものがあります。排泄する時に痛みがあったり、頻繁に繰り返し尿意があり残尿感が出る頻尿になったり、発熱する事が主な症状としてあげられます。治療方法に関しては、抗生物質による治療法が現在の主流となっています。

前立腺炎の症状
前立腺炎とは、男性に多くこの病気を持っている人が多くいらっしゃる体力を消耗した時にその疲れから前立腺に症状がでてしまう病気の事であります。この病気になってしまったらすぐにでも医療機関に足を運んでそこで医師に状態を伝えて検査をしてもらうことをおすすめします。普通の医療機関ならどこでも前立腺は、検査してくれるかと思いますので自分の住んでいる近くの病院に行って見て下さい。

前立腺炎の原因
前立腺炎には細菌性と慢性があり、それぞれ原因が異なります。細菌性の場合、大腸菌などのグラム陰性桿菌と呼ばれる細菌の感染があります。中には結石や前立腺肥大などによって起こることもありますが、感染経路が分かっていない例も少なくありません。慢性の場合、長時間のデスクワークや、長時間の乗り物の移動などで前立腺の機械的刺激によって炎症になりやすくなります。生活習慣の改善などで、痛みが軽減することもあります。

前立腺炎の検査と診断
非常に辛い前立腺炎の検査方法にはいくつかの方法があり、医師や患者の状況によって使い分けられています。まずもっともよく用いられる検査の方法は尿の検査です。それによって尿路感染の有無を調べることができます。または前立腺マッサージした後に前立腺液検査を行い前立腺液の中の白血球を調べる事で、感染の有無を把握することが可能です。

前立腺炎の治療方法
前立腺炎の治療法は、まずは原因となる細菌の種類を調べる必要があります。その後、判明した細菌に対し有効な抗生剤の投与を行います。尿閉には尿道留置カテーテルを使い、排尿路を確保する必要があります。抗菌剤が選択とされがちですが、決定的と言われる治療は未だ確立されていません。炎症性のものではクラミジアと細菌の両方に有効な抗菌剤が投与され、非炎症性では温座浴などの温熱治療、漢方薬が用いられます。

前立腺炎の初診に適した診療科目

前立腺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ