坐骨神経痛ザコツシンケイツウ

坐骨神経痛はどんな病気?
坐骨神経痛とは、何らかの事情で脊髄が圧迫されることによって、それより末端に位置する坐骨神経に痛みを感じるような病気です。その原因は本当に様々ですが、もっともよく知られているのが椎間板ヘルニアです。飛び出した髄核が神経を圧迫して、大変な痛みを感じるものです。左右両方の足の付け根に痛みを感じる場合もあれば、どちらか片方の場合もあります。

坐骨神経痛の症状
坐骨神経痛の症状で挙げられるものとして最もよく見られるのは腰や臀部の痛みです。ひどくなると足の痛みや痺れが見られるようになります。また身体を動かすことによって痛みや痺れが悪化し座るだけで痛みが出る場合があります。ひどくなると足の感覚が鈍くなり力が入らず歩行が困難になることもあります。多くの場合は左右のどちらかだけに見られますが、重症の場合は両方に見られる場合があります。

坐骨神経痛の原因
坐骨神経痛というのは、その名のとおり神経性のものですので、その原因となる疾患も、当然神経性の疾患ということになります。もっとも一般的で、大変多くの人に見られる要因が、椎間板ヘルニアと呼ばれる病気です。この病気によって腰部や臀部の骨髄が圧迫されることによって、その近傍にある坐骨神経が刺激され、耐え難い痛みが発生するといわれています。

坐骨神経痛の検査と診断
坐骨神経痛の検査方法は、形成外科の医師にきちんとした診断をしてもらうということになります。まずは問診からはじめ、疑いがありそうな場合には触診を行い、場所を確認したり、筋肉に張りがあるかどうかを確認し、そして冷えなどの症状がでていないかもみていきます。そうして最終的にはレントゲンか、またはMRIを用いた画像検査を行い、病原を特定します。

坐骨神経痛の治療方法
坐骨神経痛の治療法は薬を使った治療が一般的な方法といえます。しかしながら、薬を使った治療だけでは有効な効果が得られないという患者も多く、その場合には神経ブロックや手術という選択肢が持ち上がります。神経ブロックや手術を希望する場合には整骨院での治療ではなく、大きな病院での精密検査が必要になります。またこれらの施術を行っても効果には個人差があります。

坐骨神経痛の初診に適した診療科目

坐骨神経痛の専門外来

坐骨神経痛に関する書籍はこちら

スポンサーリンク
坐骨神経痛の治療・診断をご希望される方へ最適な病院・クリニック・診療所をおすすめします。
坐骨神経痛に関する病院・クリニック・診療所は以下の診療科目からお探しください!
病院検索ホスピタ【HOSPITA】なら、現在診療中の病院・クリニックがすぐにわかるため、安心してご利用いただけます。

この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ