運動ニューロン疾患ウンドウニューロンシッカン

運動ニューロン疾患はどんな病気?
運動神経が選択的に侵され、運動神経以外はほとんど障害されない進行性の運動疾患です。大脳皮質もしくは脳幹から脊髄前角細胞までが上位運動ニューロン、脊髄前角細胞から筋肉までが下位運動ニューロンといいます。上位運動ニューロンと下位運動ニューロンどちらも障害されるのが筋委縮性側索硬化症で、下位運動ニューロンのみ障害されるのが、脊髄性筋委縮症・球脊髄性筋委縮症といいます。


運動ニューロン疾患の症状
原因ははっきりとは分かっていませんが、アミノ酸代謝の以上や自己免疫が関係するという学説も有ります。

運動ニューロン疾患の初診に適した診療科目

運動ニューロン疾患の専門外来

運動ニューロン疾患に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ