頬粘膜がんキョウネンマクガン

頬粘膜がんはどんな病気?
上下口唇の粘膜面、頬の粘膜面、臼後部や上下頬歯肉溝などの頬粘膜に発生するがんのことを言います。


頬粘膜がんの検査と診断
確定診断には組織学的診断による生検が必要です。がんと確定した場合には、X線、CT、MRI、超音波、PETなどの画像診断を行い、総合的にがんの進行度を決定します。

頬粘膜がんの初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

頬粘膜がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ