アメーバ症アメーバショウ

アメーバ症はどんな病気?
下痢、粘血便、しぶり腹、鼓腸、下腹痛などの症状があり、アメーバ赤痢・アメーバ性大腸炎などの病型があります。

アメーバ症の症状
典型的なアメーバ赤痢の症状は、下痢、 粘血便(見た目がイチゴゼリーのような便)、排便するものがないのに便意をもよおし、何回もトイレに通う、排便時の下腹部痛です。アメーバ性肝膿瘍では、38度以上の発熱、上腹部痛、寝汗、肝腫大(肝臓の拡大)の症状が起こります。

アメーバ症の原因
赤痢アメーバという原虫が人の糞便中に排出され、それに汚染された飲食物などを食べたりすることにより、口から感染します。また、性行為では、肛門と口唇が直接接触することによって、口から感染します。

アメーバ症の初診に適した診療科目

アメーバ症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ